ホーム グルメ > スタバの“ティー”専門店が西日本に初出店 『ジャパニーズ チャイ ティー ラテ』ほか、上質茶葉の限定ドリンク12種

スタバの“ティー”専門店が西日本に初出店 『ジャパニーズ チャイ ティー ラテ』ほか、上質茶葉の限定ドリンク12種

大阪・梅田にスタバの“ティー”専門店がオープン(写真は外観イメージ)

[拡大写真]

大阪・梅田にスタバの“ティー”専門店がオープン(写真は外観イメージ)
 お茶を楽しめるスターバックスとして、2月25日に「スターバックス コーヒー LUCUA 2階店」が大阪・梅田にオープンする。2020年に誕生した「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」、2021年の「スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店」に続く3店舗目であり、西日本では初出店となる。新店舗で楽しめるティーメニューとは。

 抹茶やほうじ茶といった日本になじみの深いお茶を使い、ラテやフラペチーノへ多彩にアレンジしてきた同社。これまでも日本の新しいティー文化の一つとして定着させ、数あるメニューの中でも人気を誇っている。2016年に日本での展開をスタートした「TEAVANA(ティバーナ)」シリーズもファンが多い。そんなスターバックスのルーツと進化の立役者でもあるティーを体験できる店舗として、2020年より“スターバックス ティー&カフェ”を展開。今回の新店舗でも、ティーをメインに限定ドリンク12種を楽しむことができる。

 こだわりの茶葉や素材を合わせた、ティー&カフェ店舗限定のドリンクも多数展開。ほうじ茶をベースに、ゆず果皮、しょうが、山椒、シナモンなどのスパイスとミルクで仕上げた『ジャパニーズ チャイ ティー ラテ』、りんご、パイナップル、オレンジ、ラベンダー、セージ等をブレンドしたシトラス ラベンダー セージ ティーに、ゆずの果皮・グレープフルーツ等が入ったシトラス果肉とルビーグレープフルーツのジュレを合わせた『ゆず & シトラス ラベンダー セージ ティー』など、ユニークなドリンクメニューがラインナップ。優しく上品な和三盆糖の甘さと、抹茶やほうじ茶を組み合わせたフラペチーノも。

 都内2店舗と同様に、ドリンクはすべて透明のガラスマグで提供され、ティーの鮮やかな色合いが楽しめるのも特色だ。ティーメニューの他に、レギュラー店メニューのコーヒーやエスプレッソドリンクも提供している。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ