ホーム グルメ > 辛味の本場・タイで『カラムーチョ』発売

辛味の本場・タイで『カラムーチョ』発売

タイ版『カラムーチョ』 

[拡大写真]

タイ版『カラムーチョ』 
■その他の写真はこちら

 辛味系スナックの定番『カラムーチョ』(湖池屋)が、トムヤムクンなどの辛い料理が有名な辛味の本場・タイで発売される。『カラムーチョ』に現地でよく使用される香辛料を加えるなどの工夫を施しており、タイの消費者に好まれる味に仕上がっている。

 『カラムーチョ』は1984年に、「辛くておいしいポテトスナック」というコンセプトのもと発売。日本のスナック市場に「辛味系」というカテゴリーを確立したスナックだ。04年には海外第1弾となる台湾で発売を開始、今回のタイで2ヶ国目の海外展開となる。

 また、日本では今月、日本三大七味の一つである老舗『八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)』とコラボレーションした『カラムーチョチップス 八幡屋礒五郎唐からし味』を発売。辛さは、通常の『〜ホットチリ味』と比べ5倍に仕上がっており、大人向けの辛味スナックとして広がりそうだ。

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R