ホーム エンタメ > 長澤まさみ、小栗旬の“お豆”発言に赤面

長澤まさみ、小栗旬の“お豆”発言に赤面

長澤まさみ 

[拡大写真]

長澤まさみ 
■その他の写真はこちら

 俳優の小栗旬長澤まさみが29日(日)、都内で行われた味の素のイベント『スープを楽しむ会』に参加した。長澤がオーダーした豆を主とした特製スープが振舞われると小栗は「“豆”っていうとあれ(普通)ですけど、“お豆”っていうと恥ずかしいですね」と苦笑い。続けて「まさみちゃんのお豆の世界がね〜」と話すと、長澤は「なんか恥ずかしい」と赤面した。

 この日は『クノール カップスープ』のイメージキャラクターである2人の要望に沿った特製スープを含むフルコースを、抽選で選ばれた100名の観客とともに堪能。小栗はしきりに「スープ、おいしいですか? 楽しいですか?」とファンへの心遣いをみせると「お豆っていうと恥ずかしいですよね」とハイテンションで、観客と共に「お豆!」コールを実現し「みなさん、スープを楽しんできましたね〜」と会心の笑みを見せた。

 思い出のスープ話やおふくろの味など、日ごろの料理に関するトークコーナーも展開。長澤は「美味しいものを食べると気分が良くなる」そうで、ストレス発散方法を「プールに通ったり、自転車が好きなので夕方や夜にピューと走ってます」と軽やかな口調で紹介。一方の小栗も「1日1時間ぐらい走ったりしてますね。体動かすとリフレッシュできます」と爽やかな笑顔を振りまいた。

 ちなみに小栗がオーダーしたのは“もやしの入った辛いスープ”。交際相手の女優・山田優を意識してか「誰と食べるの?」という質問には「このスープは逆に温かい所で、みんなで汗をかきながらワイワイと食べたい」と淡々と語っていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R