ホーム グルメ > 市民権を得た「機能系アルコール飲料」、7割以上が「飲む機会が増えると思う」と回答

市民権を得た「機能系アルコール飲料」、7割以上が「飲む機会が増えると思う」と回答

2009.02.02 16:00

 缶チューハイや缶入りカクテルなどの「缶入り低アルコール飲料」についての消費者飲用実態調査を、サントリーが1日(月)までに発表した。2008年の同市場は “糖質・糖類ゼロ”“カロリーオフ”などをうたった「機能系アルコール飲料」の人気により前年比103%と好調に推移。特に“機能系”は前年比7割増と大きく伸びている。同調査でも機能系缶チューハイ・カクテルの飲用機会について「今後増えていくと思う」回答している人が71.9%にのぼり、多くの人が “機能系”を受け入れていることがわかった。

 同調査は08年11月29日か...

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R