ホーム エンタメ > 杏が“伝統の一戦”始球式に登板 「恋のキャッチボールは?」順調そのもの

杏が“伝統の一戦”始球式に登板 「恋のキャッチボールは?」順調そのもの

2009.07.17 19:00

 モデルで女優の杏が17日、東京ドームでの巨人−阪神戦の始球式に登板した。投球前には1塁側ブルペンで“松坂世代”で甲子園をわかせた、日本テレビ・上重聡アナウンサーを相手にプレート上からおよそ40球をノーバウンドで投げ、肩を作るなどその本気度は関係者も舌を巻くほど。しかし、本番では惜しくもワンバウンドとなり「あ〜悔しい! リベンジしたい…」と苦笑い。現在、俳優の小澤征悦と交際中といわれる杏だが、「恋のキャッチボールは順調?」という問いには「上手いこと聞きますね〜」。多くを語らなかったが、満面の笑みで交際の順調さをアピールした。

 小学校2年生から5年生の頃、兄の影響から地元のリトルリー...

関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R