ホーム エンタメ > ジブリ初の試み! 日清製粉とのコラボで筆ペン作画CMを制作

ジブリ初の試み! 日清製粉とのコラボで筆ペン作画CMを制作

スタジオジブリが日清製粉グループの新CMを全アニメーション筆ペンで制作 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

スタジオジブリが日清製粉グループの新CMを全アニメーション筆ペンで制作 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 映画監督・宮崎駿率いるスタジオジブリが、日清製粉グループの創業110周年記念CMを制作した。19日に都内で行われた新CM発表会には、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが同社副社長らとともに出席。今回のCMは、ジブリが初めて全てのアニメーションを筆ペンで制作しており、鈴木プロデューサーは「制作中は宮崎監督も気になってしょっちゅう仕事場に顔をだしていた」と明かした。

 2008年に、「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」活動に日清製粉グループが協賛したことがきっかけとなり、創業110周年記念CMの制作をスタジオジブリに依頼。鈴木プロデューサーが筆ペンで描いた子猫を元にアニメーションが作られ、子猫が可愛らしく動き回るCMが完成した。鈴木プロデューサーは「ある時ふと思いたって書いてみたらけっこうよかった。2度と描けません」と色紙に書いた猫のキャラクター“コニャラ”を紹介し、宮崎監督から「今まで鈴木さんが描いた中でいちばんいいよ」と褒められたというエピソードを交えて、CM制作を振り返った。

 CMソングには、歌手の森山良子と矢野顕子が結成したユニット・やもりによる新曲「ただいまの歌」を起用。2人の優しい歌声とともに、ジブリらしい柔らかな世界観が広がるCMとなっている。最後に鈴木プロデューサーは「皆さんに愛されるCMになったら嬉しいなと思います」とあいさつした。

 CM『日清製粉グループ 百十周年企業広告』篇は3月20日より全国で放送開始。同社Webサイトでは本日より、鈴木プロデューサーの制作インタビューなどを掲載している。

◆旬な情報が満載! CM情報記事一覧


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R