ホーム ダイエット・ボディケア > Beauty&Relax 秋の夜長のバスタイムグッズ

Beauty&Relax 秋の夜長のバスタイムグッズ

Beauty&Relax 秋の夜長のバスタイムグッズ

― Relax ― 心も軽やかに 香りで癒しタイム♪

【左】『ネイチャー&マルシェ シャンプー ローズ&カモミールの香り』&『ネイチャー&マルシェ トリートメント・コンディショナーローズ&カモミールの香り』(エイボン)
ダマスク ローズとローマカミツレの天然エッセンシャルオイルを配合したノンシリコンライン。甘く優雅な香りが漂います。

【右上】『パーソナルソープ』(生活の木)
精油やハーブを取り入れた“マイソープ”シリーズ。優しい香りとなめらかな泡立ちで心身を優しく包みます。肌や身体の状態、好みに合わせてチョイスできる全6種類。

【左下】『てるてるぼ〜湯』(ボックスグループ)
ハーブ王国・タイの伝統医療「サムンプライ」をもとに11種類の天然ハーブを厳選した入浴剤。揉めばもむほどハーブエキスが出てくるため、その日の体調や気分によって濃度を調整できます。

元気が出ない時ほどお風呂でリラックス

 忙しさに追われてイライラしたり落ち込んだり。そんな時こそゆっくりお風呂に浸かる時間を設けたいものです。バスクリンの調査によると、健康な人ほど毎日入浴する人が多かったとか。心身が疲れている時ほど、バスタイムをきちんととることが大切といえます。

 「ご存じのように、入浴の主な効用に“リラックス効果”があげられます。お風呂の中では、浮力によって空気中と比べて重さがたった9分の1になります。浮力で軽くなった身体は、筋肉の緊張が次第にほぐれると同時に、緊張からくる脳への刺激が減少し、心も解き放たれます」。

 「また、温浴効果や水圧効果により、結構が促進され新陳代謝が活発化、体内の老廃物や疲労物質が除去され、全身に感じていた痛みや疲れが緩和されます。そして入浴には自律神経をコントロールする作用があり、ぬるめのお湯は副交感神経にはたらきかけて、心も身体も落ち着かせる効果があるのです」(石川さん)。

 リラックスできる入浴の方法は、冬なら40度、夏なら39度とぬるめのお湯に、15〜20分程度浸かること。また、湯量は浮力を感じるためにたっぷりに、肩までつかる全身浴が良いんだそう。湯船ではできるだけ身体を伸ばしてゆったりできるとベスト。色や香りなどの癒しパワーも取り入れて。

【Beauty&Relax 注目の記事はコチラ】

樫木裕実さんに聞く「エクササイズ&美容法」
注目の「菌活」その実態とは…?
香りで気分リフレッシュ 集中力を高めるエッセンシャルオイルは?
火を使わないLEDキャンドル『LUMINARA』からボタニカルキャンドルシリーズが登場

< 1 2

シェア

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)