ホーム グルメ > 【新宿三丁目】友人との語らいにぴったり ほっこりおしゃれカフェ「coto cafe」

【新宿三丁目】友人との語らいにぴったり ほっこりおしゃれカフェ「coto cafe」

新宿三丁目駅から徒歩2分。花園神社のすぐ隣にある、ほっこり癒し系のカフェ「coto cafe(コトカフェ)」。

木のぬくもりとアンティーク調の家具、緑に囲まれた落ち着きの空間で、まるで都会のオアシスのようにゆったりと過ごせる穴場カフェです。日替わりメニューや季節替わりスイーツなど、訪れるごとに変わるメニューに何度もリピートしたくなるはず。

時間を忘れてくつろげるほっこり空間

店内は広々としたスペースに、温かな間接照明が優しく包み込む。友人と静かに語らいたいときに最適なくつろぎ空間。
窓際エリアは、自然光が差し込むナチュラルな雰囲気。窓から通りも見渡せます。
奥にはセピア調のコラージュ紙が貼られたアーティスティックな席も。

たっぷりサラダが嬉しい、人気の日替わりランチ

『サラダ&スープのパンプレート』(¥1140)。

ご近所の有名ベーカリー「La Baguette(ラ・バゲット)」のパンに、サラダ、季節替わりのスープ、日替わりの副菜2品つき。
この日の副菜は、レンコンとゴボウのゴマ和え(右)にカポナータ(左)。野菜本来の味が引き立つ素朴な味付け。

ふんわり食感のトーストにはオリーブオイルとソルト。カリふわのフランスパンにはドライトマトとアンチョビ、オリーブのペーストが添えられています。季節替わりのスープは優しい味わいのコーンポタージュ。

ボリュームがあるのに野菜がたっぷり摂れるヘルシーなラインナップで、贅沢な気分になれるプレートです。
看板メニューのプレート『cotoごはん』(¥980)。

メイン、日替わりの副菜、ライス(またはパン)のセットです。
この日のメインはポークストロガノフ。たっぷりの豚肉に玉ねぎとキノコがクリーミーに絡み、食べ応えバツグン。副菜はマッシュポテトとレンコン&ゴボウのゴマ和え。ごはんの上には自家製の野菜ふりかけが乗っています。

手作りならではの、繊細なおいしさが堪能できるお店自慢のプレート。ランチだけではなく夜にもいただけるのがうれしい。

大人な味わいのデザートも魅力

『バナナとキャラメルナッツのコーヒータルト』(¥750)。

コーヒーによく合うほろ苦さが魅力の大人なスイーツです。
エスプレッソクリームに加え、タルト生地の中にもバナナとエスプレッソが入っていて、芳ばしい香りが存分に楽しめます。
『自家製MIXベリー酢ソーダ』(¥720)。

ビビッドな赤色が目を引くこちらは、丸ごとベリーが入ったグラスにソーダと2週間しっかり漬け置きしたベリー酢を混ぜていただきます。

フルーティな酸味とソーダの爽快感が心地よく、ベリーのツブツブ食感も楽しめます。甘味はなく、ガムシロップで自分で調整するので、ノンシュガーにすると食事メニューにもマッチ。

coto cafe
【URL】http://cotocafe.jp/
【住所】東京都新宿区新宿5-17-6 中田ビル2F
【電話】0362337782
【アクセス】JR新宿東口より徒歩8分
【営業時間】 月〜土11:30〜23:30 / 日・祝11:30〜22:00

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R