ホーム グルメ > 【代々木上原】食通が通う名店でいただく究極の「土鍋ごはん」 

【代々木上原】食通が通う名店でいただく究極の「土鍋ごはん」 

【代々木上原】食通が通う名店でいただく究極の「土鍋ごはん」 
代々木上原の高級住宅街にひっそりと佇む、食通が通い詰める名店「おこん」。お米のソムリエと呼ばれる、米・食味鑑定士の資格を持つ店主・小柳津大介氏が産地、銘柄、精米方法、炊飯にまでこだわった極み米が味わえます。業界では知らぬ者がいないといわれるほど絶品で、中には海外から食事に来る方も。おこんの名物究極の「土鍋ご飯」をご紹介します。

芸能人も御用達の隠れ家 接待やお忍びにも

お店は住宅街の中にあり静かで落ち着いた環境で、通り過ぎてしまいそうなほど住宅地にとけ込んだ店構え。小さく灯る看板が優しく導いてくれます。

稲穂をイメージしたという、ゴールドと黒を基調にした店内。ゆったり広いテーブルで、落ち着いて食事が楽しめます。棚には、美しく光に照らされる高級土鍋や茶碗が。

各テーブルにある茶碗は、ひとつひとつ種類が異なり中には数万円単位の高価なものも。

2階には大小2つの個室。しっとり落ち着いた和の空間と、赤を基調としたモダンな雰囲気の部屋で、どちらも気兼ねなく時を忘れて過ごせそう。

贅の極み「ローストビーフ土鍋ご飯」

おこんは、基本的にコース料理がメイン。『おこんお任せコース』(¥5000)は、その名の通り、予約時にリクエストが特になければ旬の食材を使った土鍋が提供される。お通し白米、先付け、刺身、焼物、土鍋ご飯と続くコースで、今回は、おこんの看板メニューであり数々のメディアにも取り上げられた「ローストビーフ土鍋ご飯」がメインディッシュ。

テーブルに到着した瞬間、目を奪われる贅沢なビジュアル。土鍋にはキャビア、イクラ、ウニ、そしてローストビーフ。下には日替わりの厳選米である福島県加藤ファームのお米に、グリーンアスパラ、白舞茸といった旬の食材、繋ぎにとろけるチーズが隠れています。

目で楽しんだ後は、一度ローストビーフをよけてから、大胆に混ぜ込みます。ご飯の温かな湯気と食材の芳ばしい香りが辺りに漂い、一層食欲を刺激します。

さっくりと混ぜたご飯にローストビーフを巻くのが店主オススメの食べ方。米のハリと甘さ、歯ごたえある海の幸、やわらかな肉、旬の食材が口の中で調和し、一度食べたら忘れられないほど絶品です。

土鍋は2人前からを推奨。もし量が多くて食べ切れなかった時は、包んでお土産にしてくれます。“炊かれたいオトコ”の別名を持つ店主・小柳津大介氏いわく「冷めてからもおいしいのが本物のご飯。恋愛と一緒でね!」とのこと。冷めてもなお、おいしく味わえるおこんの看板メニュー、ぜひ一度はご賞味を。

1 2 >

「おこん」内観&メニューまとめ

  • 『おこん7000円お任せコース』
  • 『おこん10000円お任せコース』
  • 土鍋ご飯はリクエストOK。こちらはモッツァレラチーズとパクチーのステーキ土鍋ご飯
  • 『おこんお任せコース』(¥5000)
  • この時期おすすめの「純米吟醸 不動(おりがらみ)」「DELHEIM(ピノタージュロゼ)」
  • 「おこん」内観
  • 「おこん内観」
  • 「おこん」内観
  • 「おこん」内観
  • 「おこん」内観

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R