ホーム 恋愛・暮らし > 【随時更新】猫好き必見! かわいい姿に癒される写真展やグッズ、猫カフェまとめ

【随時更新】猫好き必見! かわいい姿に癒される写真展やグッズ、猫カフェまとめ

期間限定る猫カフェ「江戸ねこ茶屋」で会える猫たち

おウチで飼っているかのように猫と触れ合える、カフェやシェアハウスなどのスポットを紹介!

日本初の短足ネコ専門の猫カフェ、“ジェネッタ”が日本初の店頭デビュー

東京・練馬にある「猫カフェもふにゃん」では、世界的にみても頭数が少なく、希少な猫の一種として数えられている“ジェネッタ”を日本で初めて店頭に登場しました。同カフェでは、マンチカンやミヌエットはもちろんのこと、キンカローやラムキンなどとも触れ合える日本初の短足ネコ専門のお店。なかでも稀少性の高い猫が集まっているのが特長です。
「猫カフェでも美味しい食事を提供したい」…その想いからパンを生地から発酵させてお店で作っているそう。ドリンクには、かわいい猫型のミニクッキー付き。こちらも1枚1枚お店の手作り。今後は猫をモチーフにした限定商品の展開も予定しているそうです。

「猫カフェもふにゃん」
住所:東京都練馬区石神井町3-20-25-2F
TEL:03-6913-2516
営業時間: 10:00〜20:00(水曜日定休)
URL:http://www.mofunyan.com/

【画像】癒しのネコ写真集、人気猫カフェ潜入… 可愛いねこ写真まとめ2018

  • ねこの合同写真展&物販展『ねこ休み展』秋の巡回展
  • ねこの合同写真展&物販展『ねこ休み展』秋の巡回展
  • ねこの合同写真展&物販展『ねこ休み展』秋の巡回展
  • ねこの合同写真展&物販展『ねこ休み展』秋の巡回展
  • 「ねこ休み展」秋の巡回展
  • 「ねこ休み展」秋の巡回展
  • 「ねこ休み展」秋の巡回展
  • “ジェネッタ” の琥鉄(こてつ)
  • 「ねこ休み展」秋の巡回展

>> Photo Galleryをもっと見る

浮世絵世界で猫と遊ぶ江戸版猫カフェ

浮世絵世界で本物の猫と遊べる猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が、JR両国駅(東京都墨田区)に期間限定でオープンしています。長屋をモチーフにした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現。「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンを設け、会場内のどこでも猫と触れ合ったり、写真を撮ることができます。
「江戸ねこ茶屋」の猫の多くは、保護猫です。猫ブームの裏で、保護猫の数は依然として多く、同イベントはこの問題への関心を高める一助となることを目指し、収益金の一部を保護猫問題解決のための活動支援金として寄付します。会場では、オリジナルグッズも多数、猫好きアーティストの限定絵馬なども販売。

「江戸ねこ茶屋」
場所:JR両国駅西口イベント広場
日時:開催中〜2018年8月31日(金)
入場料(60分/税込):大人/1,500円、中学生・高校生/1,200円
URL: https://edonekochaya.com

一人じゃないという安心感 猫付きシェアハウス

猫付きシェアハウス「562(ごろにゃ)荻窪」

近年は猫付きマンションや猫付きシェアハウスもトレンド。特にシェアハウスは忙しい独身男女に人気で、物件数も増加傾向に。東京・荻窪の猫付きシェアハウス「562(ごろにゃ)荻窪」は、猫の保護団体であるNPO法人「東京キャットガーディアン」が保護した猫を“ボランティアとして預かる”という形で猫たちが入居。シェアハウスのコンセプト自体も“保護ネコカフェに暮らしているようなシェアハウス”なんだそうです。

猫付きシェアハウス「562(ごろにゃ)荻窪」
住所:東京都杉並区天沼3丁目

⇒詳細はこちら

< 1 2 3

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R