ホーム グルメ > 「メリーチョコレート」が世界的チョコの祭典で3年連続金賞! パリ会場の様子をレポート

「メリーチョコレート」が世界的チョコの祭典で3年連続金賞! パリ会場の様子をレポート

 フランス・パリ発祥のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。世界的なブランドやショコラティエが集まり、会期中は10万人を超える人が訪れる大規模なイベントです。日本のチョコレートブランド「メリーチョコレート」は最長出展企業として、今年も参加。フランスで最も権威のあるチョコレート品評会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ、以下C.C.C)」では最高位の金賞を3年連続で受賞。同ブランドの取り組みや、華やかな現地会場の様子を動画でお届けします。
日本文化を紹介するコーナー「エクスペリエンスジャポン」

日本文化を紹介するコーナー「エクスペリエンスジャポン」

 動画の中では、チョコ作りのデモンストレーション、ワークショップ、チョコレートファッションショーなど様々なプログラムを紹介。最後に映し出される「2019年1月、パリの経験と感動は日本へ」の言葉には、「メリーチョコレート」が本場の地で見て感じたものを、新たな作品(チョコレート)にして私たちに届けてくれる思いが込められています。

 「メリーチョコレート」は、最長出展を誇り、チョコレートを通じて日本の食文化や伝統を発信し続けています。同ブランドといえば、一口サイズの「ボンボンショコラ」が看板商品。日本ならではの繊細な技術で、チョコレートの奥深い味わいや食感、風味を表現し、パリの人たちからも高評価を得ています。
「メリーチョコレート」による『トーキョーチョコレートブース』

「メリーチョコレート」による『トーキョーチョコレートブース』

 海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート」より、今年も作品を出展。「新TOKYOジャポニスム」をテーマに、和素材を使った4種を出品しました。チョコレートの味わいはもちろん、日本の伝統工芸のような美しいビジュアルも絶賛され、フランスで最も権威のあるチョコレート品評会「C.C.C.」で3年連続の金賞受賞。国内で最多受賞記録を更新しました。

2018年C.C.C.出品作品『トーキョーチョコレート』

 毎年世界10カ国16都市以上で開催されている「サロン・デュ・ショコラ」。各国を巡回したのち、来年1月22日から29日の7日間には東京・新宿で開幕します。未上陸のチョコレートに触れるだけでなく、日本が誇るチョコレートの魅力発見の機会にもなりそう。
>「サロン・デュ・ショコラ」特設サイト

sponsored by メリーチョコレート
シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R