ホーム ダイエット・ボディケア > 格闘家・RENA 休養からRIZIN参戦へ「まだ選手としてやり切っていない」

格闘家・RENA 休養からRIZIN参戦へ「まだ選手としてやり切っていない」

格闘家・RENA 休養からRIZIN参戦へ「まだ選手としてやり切っていない」
写真集『RE:NA』より
 2007年にシュートボクシングデビューを果たし、2015年からは総合格闘技の『RIZIN』にも参戦した人気格闘家のRENA。2018年 7 月の『RIZIN.11』ではメインイベントを務めるなど“ジョシカク”ブームのアイコンとして活躍してきた彼女が、今年7月に突然の休養宣言をし、自身を見つめ直すためにハワイへと旅立った。そんな彼女が心機一転、年末の『RIZIN』への参戦を決め、“リスタート”を意味する写真集『RE:NA』を発売する。挫折や苦難を乗り越えて強く生きてきた彼女の魅力に迫った。

引きこもりの過去や両親の離婚…赤裸々に語った初の写真集

――今年の7月に行われた女子格闘技の祭典『Girls S-cup2018』の後に休養をとられていましたね。

【RENA】 未熟ながらも格闘家として10年間走り続けてきて、様々なことに挑戦して結果を出してきました。ところが昨年12月の試合で優勝することができず、今年7月に参戦した復帰戦でも勝利を逃してしまって…。それで27年間の人生を振り返ってみたり、挑戦することの意味を考えたくて休養することにしたんです。

――休養中はハワイに行かれていましたが、どんな日々でしたか?

【RENA】 海と南国が大好きなのでリフレッシュできましたし、凄く開放的な気持ちで自分らしく過ごすことができました。サーフィンしたりお買い物をしたりしてのんびり過ごしたんですけど、とてもスッキリしたので行って良かったなと思います。

――写真集『RE:NA』の撮影もされたそうですが、以前から写真集のお話は出ていたのでしょうか?

【RENA】 休養する前から写真集を出しませんかというお話は頂いていて、でもなかなかチャンスがなかったんです。それで、このタイミングで今までの人生を振り返った一冊をフォトブックとして出すのもいいんじゃないかなと思ってハワイでの撮影を敢行させて頂きました。ハワイで撮った写真はプライベート感満載の素の表情を見せていると思います(笑)。
――写真集のタイトルには“リスタートを切る”という意味が込められているそうですが、どんな内容になっていますか?

【RENA】 生い立ちから始まって、引きこもりだった頃や格闘技を始めた経緯、そして両親の離婚などをお話ししたロングインタビューと、ハワイや浅草、シーザージムで撮影した写真が収められています。人生を振り返ってみて辿り着いた言葉が“RESTART”だったので、タイトルの“RE”に込めてみました。1回目はサラッと、2回目はじっくりページをめくっていくと、私のことを深く知って頂けるような構成になっています。

――写真集の構成からもストーリーが感じられるように作られたのですね。

【RENA】 最初からそういう風に作ろうと決めていたわけではなかったんですけど、撮った写真をセレクトしているうちに私が泣いている写真から始まって最後は笑顔で終わるのが良いんじゃないかと思って。そこから構成が決まっていきました。私は幼い頃から泣くときはトイレに篭る習性があって、誰にも泣き顔は見せないようにしてきたんです(笑)。だから本当は映像以外で泣いている顔を見せしてしまったという恥ずかしさもあるんですけど、それ含めて良いものができたかなと思います。

――RENAさんのホームである浅草やシーザージムで撮影されたのは何故ですか?

【RENA】 私は始めから単純な写真集を出したいわけではなかったんです。本名の久保田玲奈としての自分と、格闘家RENAとしての自分の両方を見て頂きたいという気持ちがあったので、その2箇所を撮影場所に選びました。グローブをつけると表情が変わるとよく言われるので、きっとジムで撮った写真はハワイや浅草で撮ったものとは全く違うと思います。

幼い頃は常に自分の感情をオフにしていた

写真集『RE:NA』より

写真集『RE:NA』より
――4人姉妹の末っ子であるRENAさんは強いお姉さん達に勝ちたいと思って格闘技を始められたんですよね?

【RENA】 きっかけとしてはそうですね。でもそれだけじゃなくて、引きこもっていた時期に何かを変えたいという気持ちが沸いてきたんです。そこにお姉ちゃん達をシバきたい願望も加わって、気がついたらシュートボクシングを始めていました(笑)。まさか27歳になっても続けているとはそのとき想像もしていなかったですけど(笑)。

――格闘技にハマった一番の理由を教えて頂けますか?

【RENA】 幼い頃は常に自分の感情をオフにしていて、両親の前ではいつも不機嫌で笑顔は絶対に見せないような子でした(笑)。ところが、母親にシュートボクシングの体験レッスンに連れて行ってもらった時に、何度蹴っても当たらないという悔しい思いをしたことで感情のスイッチが自然と入ったんです。練習を続けていくたびに強くなって、試合で勝つとトロフィーが貰えて、そしたら“今度はチャンピオンベルトを穫るぞ!”みたいな(笑)。どんどん気持ちに火が点いていきましたし、結果を出せたときの喜びや満足感は想像以上のものでした。それがあるから今まで続けて来られましたし、単純に格闘技が自分に合っていたのも良かったなと思います。

――練習や試合以外でも辛い事や大変なことを色々と経験していると思いますが、苦難をどうやって乗り越えてこられたのでしょうか?

【RENA】 自分の時間を大切にして、色んな人と会って話をすることで乗り越えられたような気がします。いくら自分一人で考え事をしても解決しないことってありますよね。そんな時は友人にアドバイスを求めて、自分にはない知識や考え方を聞くことで勉強になったり悩みが解決することが多いんです。例え相談事をしなかったとしても、友達とワーっと遊ぶことでストレス解消になりますしね。それでまた頑張ろうと思えたので、周りの人から勇気やパワーを貰うことで苦難を乗り越えられたように思います。

辛い環境を変えるのは“逃げ”じゃない

――年末には「Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」の参戦も控えていますが、新たなスタートを切った今後の目標は?

【RENA】 休養中にまだ選手としてやり切っていないことに気付いたので、格闘家としてもっと強くなりたいです。それから、両親がうまくいってなくて感情を無くしていた時期や引きこもりだった頃の私はシュートボクシングと出会ったことで自分の居場所を見つけて変わることができたので、同じ悩みを抱えている子達を少しでも勇気づけられたらと思っています。

 学校だけが全てじゃないですし、もし今の環境が辛いのであれば環境を変えてみたほうがいい。それは逃げではないので、私のように新たな人生のスタートを切って欲しいというか。自分で命を絶ってしまう子も世の中にはいるので、そういう子達を一人でも減らせるように微力ながらも何かを発信していけたらと思っています。

――プライベートで挑戦してみたいことはありますか?

【RENA】 お酒が飲めるドッグカフェをいつか開きたいです。というのも、フレンチブルドックを2匹飼ってるんですけど、一緒に入れるカフェバーがないから自分で開くしかないと思って(笑)。そこで自分でデザインしたワンちゃんのお洋服を販売するのもいいですよね。あとは…女性としての幸せも掴みたいです(笑)。いつか結婚して子供が生まれたら、格闘家を引退して普通のお母さんとして子育てを頑張りたいです。

インタビュー・文/奥村百恵 撮影/徳永徹

PROFILE
RENA シュートボクサー、現SB世界女子フライ級王者。総合格闘家。2007年にシュートボクシングデビューを果たし、2015年からは総合格闘技の『RIZIN』にも参戦。シュートボクシングの女子トーナメント 『Girls S-cup』で4度の優勝を誇る実力派。美女格闘家としても人気を集めている。

総合格闘家・RENA 写真集秘蔵カットから撮りおろしまで!

  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹
  • 総合格闘家・RENA 撮影/徳永徹

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R