ホーム 恋愛・暮らし > 「お前みたいに生きていたい」花のニオイを気持ちよさそうに嗅ぐワンコに反響

「お前みたいに生きていたい」花のニオイを気持ちよさそうに嗅ぐワンコに反響

花のにおいをかぐ、むくくん(画像提供:minamiさん)

花のにおいをかぐ、むくくん(画像提供:minamiさん)

 気持ちよさそうに花の香りを嗅いでいる犬の写真が、ツイッターで拡散されて話題になっている。飼い主のminamiさんによる「やさしい犬、お前みたいに生きてみたい」という粋なコメントとともに投稿されたこのツイートには、17万以上の「いいね」がつけられ、「見ているだけで心がやすらぐようです」「とっても優しいお顔、かわいすぎます」「最高の犬だな、本当に」などたくさんの反響が寄せられた。

写真は奇跡の1枚「普段は野原を駆け回り葉っぱまみれの“犬らしい犬”」

――むくくんとの出会いと、家族に迎え入れることになった経緯をお聞かせください。
minamiさん家族で温泉旅行に行ったとき、旅館で「犬を飼おう!」という話になったんです。理由はよく覚えていないんですけど……。帰り道の車内は大盛り上がりで、家にも帰らず、そのままペットショップへ直行しました。ただ、さすがに3件目くらいでみんな冷静になってきて、あらためてしっかり準備をしようと話して。後日、犬好きの知人が紹介してくれたブリーダーさんのところへ行って、むくと出会いました。むくは兄弟の中で売れ残っていた最後の1匹で、その場にいたワンコたちの中で顔が一番ブサイクではあったんですけど、うちの強面の父親のでっかい手に抱っこされても物怖じせずボケーっとしていたので、「小さいのに肝座ってるな〜」というところにも惹かれて、家族に迎えることになりました。

――お花の匂いを嗅いでいる姿は、どんなシチュエーションで撮影されたのですか?
minamiさん散歩中の犬が可愛すぎて写真を撮りまくっていたら、たまたま犬が花の匂いをかいでいた瞬間も撮れた、という感じです。100枚あるうちの奇跡の1枚ですね。あの直後に撮ったもう1枚の写真は、花の匂いにびっくりしてヘンな顔しています(笑)。

――むくくんが花の香りを嗅ぐのは、比較的好きな行為ですか? お散歩のときなど、どれくらいの頻度でその仕草を見られますか?
minamiさんそんなに好きな行為ではないと思いますが、見慣れない花があったりすると、たまに嗅いでいます。でも犬は嗅覚が強いので、いつもそんなに長時間は嗅いでいません。実際うちの犬は、花よりも生えたての柔らかい若葉とかの方が好きです。

「何かを妬んだり、恨んだりすることと無縁の世界で生きたてみたいと思った」

――投稿には「やさしい犬、お前みたいに生きてみたい」という言葉が添えられていましたが、そのときにminamiさんが思っていたことをお聞かせください。
minamiさんこれは毎日思っていることですが、犬みたいに花の匂いを嗅いでみたり、どんぐりを口にくわえてみたり、野原に転がってみたり、近くにいる人間を愛してみたり……そんな風に生きてみたいなあって思うんです。うれしいときは、尻尾をゆらゆらさせたりして。何かを妬んだり、恨んだり、攻撃したりすることとは無縁の世界でうちの犬は生きていて、それは小さな世界だけど、どこまでも満ち足りているなと思います。

――写真では優しそうな笑顔が印象的なむくくんですが、普段はどんな性格ですか?
minamiさん優しくてポケーっとしています。人間が大好きで、他の犬には全く興味がないです。寂しがり屋で、いつも誰かにペッタリくっついています。家族にはくっつき虫って呼ばれています。

――Twitterには、minamiさんとむくくんのイラストもアップされていますね。
minamiさんMinami Kitabayashiという名前で、普段は絵描きとして活動しています。むくの絵は制作の間の息抜きで描いています。本業では犬とはあまり関係のない絵を描くことが多いので…。自分の絵を見て、自分で癒されています。(笑)

――minamiさんにとって、むくくんはどんな存在ですか?
minamiさん宝物です。一生幸せでいてほしいな〜って毎日思います。溺愛しています(笑)。

――今後SNSではどのようなことを伝えていきたいですか?
minamiさん一応本業は絵描きなので、絵のことや犬のこと、生活のことなど、いろいろひっくるめて今まで通り発信していこうと思っています。写真や絵や文を見て、フッと笑ってもらえたり、共感してもらえたらうれしいです。
(文:水野幸則)

Minami Kitabayashi/
Twitter:@hkrn1116
HP:https://hkrnm73.wixsite.com/kitabayashi-minami

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R