ホーム 旅行&おでかけ > 年間300泊以上、ホテル暮らしOLがおすすめする「都内で全室サウナ付きのおしゃれコスパ宿」 ロウリュ&アロマも

年間300泊以上、ホテル暮らしOLがおすすめする「都内で全室サウナ付きのおしゃれコスパ宿」 ロウリュ&アロマも

2022/07/06

hotel hisoca

 コロナ禍が落ち着きを見せ、都民割・県民割など、様々なキャンペーンが各地で実施されている中、今夏こそ旅行したい!という人も少なくないだろう。久しぶりの旅行でまず悩むのが、宿泊先だ。絶対に外したくないという人に向け、年間300泊以上ホテルに泊まっているというホテル暮らしOL・やよぴさんに、一押しホテルを聞いた。

オープンから予約殺到、ようやく宿泊でき…「翌朝まで楽しめるホテルでした」

 やよぴさんがまずおすすめするのは、今年3月池袋にオープンした『hotel hisoca』。アロマディフューザーやBALMUDA製家電のほか、ベビーグッズの貸出も充実しており、開業以来、20~30代の女性や子連れを中心に予約が殺到しているとのこと。先月ようやく予約が取れたというよやぴさんに、宿泊の感想とともに、ホテル暮らしのメリットや全国のおすすめ宿を聞いた。
――『hotel hisoca』を紹介したツイートに大きな反響がありましたが、どのような点がおすすめだと思われましたか。

都内ホテルで全客室にサウナ付き、お部屋では好みのアロマが香り、館内全てが流行りのダスティーカラーで彩られたデザイナーホテルが、2名1室ひとり約1万円とお手頃な価格帯で楽しめるところ、さらに最大6人まで宿泊可能なお部屋もあり、今までにない組み合わせがおすすめポイントです!

――『hotel hisoca』に対するネットやSNS上での反響はいかがでしたか。

コメントを見ていると、女子会利用やサウナ好きカップルの人たちに特に反響が大きかった印象です。インテリアがとても可愛くてアメニティや設備も充実しているので、宿泊後に動画や写真を投稿されている方も多く見かけます。

――実際に宿泊された感想を教えてください。

オープンすぐに予約が数ヵ月先まで埋まっていたので、先月ようやく宿泊できました! 全室大型バス&サウナ付きで、ドライサウナにはセルフロウリュもあって、本格的でとても良かったです。無料のドリンクが飲めるラウンジがあったり、朝食も美味しくて、翌朝まで楽しめるホテルでした!

ホテル暮らしを始めたきっかけ&メリット「賃貸よりお得に住めるホテルも増えている」

――やよぴさんがホテル暮らしを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

都内IT企業に勤めていて、1年半前にリモートワークになったことがきっかけです。残りの60日ほどは、友人の家や実家などに泊まる日もあります。

――ホテル暮らしのメリット・デメリットを教えてください。

ホテル暮らしのメリットは、気分に合わせて住む場所や環境を変えられるので、日常の中に良い緩急が生まれて、アイディアの幅が広がることや、日本全国の美しい景色や美味しいお店に出会えること。また、家事が不要になり自由な時間が増えることや、大浴場やジム・ラウンジなど充実した設備を楽しめるところもポイントです!中長期滞在のお得なプランやサービスも増えているので、賃貸よりお得に住めるホテルも増えています。

デメリットは、持ち運べる荷物が少ないところや、環境の変化に慣れるのに時間のかかる人は少し疲れてしまう時もあるかもしれません。また、中長期滞在する際は、ランドリーや作業机などの設備が揃っているホテル選びに時間がかかることなどがあります。
――ホテル選びは、どのようなツールを使われていますか。

Twitter、Instagram、TikTok、旅行メディア、旅行雑誌などで情報を収集しています。ホテルステイが趣味の友人たちとLINEグループで、ホテルの感想を共有しあったりもしています。

――どのようなポイントで選ばれていますか。

コスパの良いおしゃれな宿、デザインやコンセプトが特徴的でユニークな宿、非日常感を味わえる宿、サウナ付きの宿、キッチンや洗濯機が付いている暮らしやすい宿、SNSで話題の宿などを中心に見ていることが多いです。

――ホテル選びのコツ、選ぶ際の注意点や気を付けている点があれば教えてください。

気になるホテルがあった時、予約サイトで情報を見た後に必ず、SNSでリアルなクチコミや投稿された写真・動画をチェックしています。また、宿の好みが似ている人をフォローして、その人がおすすめしているホテルを選ぶことも多いです。

さすが年間300泊しているだけある…!沖縄、京都、箱根、新宿、西多摩の秘境宿も

――今気になっているホテル、他にお勧めのホテルがあれば教えてください。

ハレクラニ(沖縄)
記念日に訪れたい沖縄の大定番宿!「天国の名にもっともふさわしい館」の名の通り、開放的でラグジュアリーなロビーやオーシャンビューのお部屋、気分に合わせて楽しめるいくつものプールなど非日常な時間が過ごせるホテルです。

エースホテル(京都)
和と西海岸が入り混じったレトロなデザインも、ブランドストーリーもスタッフさんのカジュアルでフレンドリーな雰囲気も全て好み。初めての宿泊でも居心地がよく、特に”ヒストリックツイン”のお部屋は高い天井と大きな窓が開放的な空間を作り出していて、特別な時間が過ごせるホテルです。

リトリートfore(箱根)
都内から1.5時間で、広大な緑の中で美しい情景とともに北欧リゾートが体験できる宿。全室が木々に囲まれ、まるで森の中に溶け込むような癒しの空間です。風が木々を揺らす音、鳥の声、虫の声、暖炉の薪が燃えていく音...「音」で癒される贅沢。有名店出身のシェフによる地産地消の絶品フレンチで、心も体も満たされる滞在を過ごせるホテルです。

新宿由緑(東京・新宿)
ちょっとリフレッシュしたい日におすすめな、都心で箱根からひいた天然温泉が味わえる人気のホテル。お手頃な価格でインスタでも人気。館内は浴衣で移動できる心地良さやお風呂上がりに無料で食べられるアイスなどちょっとした贅沢な時間が過ごせます。

THEATER1(東京・西多摩)
山をずっと登った森の中にぽつんと一軒ある”泊まれる映画館”をコンセプトにした秘境宿。大きなベッドとスクリーン、こだわりの音響設備や暖炉など、都会の人が居心地よく自然を味わえるように工夫し尽くされていて素晴らしかったです。

*ホテル暮らしOLやよぴさん*
Twitter
Instagram
推し宿メディア

1 2 >

シェア

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ