ホーム ファッション > 佐藤ありさ&emmaの素顔を直撃

佐藤ありさ&emmaの素顔を直撃

佐藤ありさ&emmaの素顔を直撃
ファッションイベントの祭典「GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER」がもうすぐ開催。同イベントに出演するモデルの佐藤ありさちゃんとemmaちゃんに直撃インタビュー! 開催を直前に控えた意気込みのほか、この春気になっているファッションやこだわりスタイルなど教えてもらいました☆

emma FASHION&BEAUTY

――ファッションスタイルのこだわりを教えて下さい!
emma自分にしかわからないこだわりがあるというか。うまく言葉にできないんですけど(笑)。自分が着ていてテンションがあがる服を着るようにしています。買い物にいっても一目惚れで買うことが多いですね。人に勧められて買うこととかないです。自分がいいなと思ったものを直感で買うタイプです。

――こだわるタイプなんですね、ではショッピングはどんなところでしますか?
emma最近はセレクトショップで買うことが多いですかね。海外のブランドも好きなんです。あとは新宿伊勢丹ですかね。原宿とか表参道とかにもいきます。

――ファッションで参考にしている人はいますか?
emmaオードリー・ヘップバーンさんとか。あとは、クロエ・セヴィニーさんとかですかね。昔の本とかを見て真似したりとかしてます。

――メイクもマネしたりとか?
emmaメイクはほぼ自分流ですね〜。ブラウンのシャドウにちょっとアイラインを入れて、赤リップというのが今の定番です。赤リップがないと生きていけない(笑)。

――自分の顔でチャームポイントだと思うパーツを教えて!
emmaまつげ‥ですかね? メイクさんとかに「まつげ長いね」って言ってもらったりすることが多くて。それから気に入ってます(笑)

LIFE STYLE

――4月1日に誕生日を迎えたばかりですが、22歳になってやってみたいことは?
emma仕事ではもっと活動の幅を広げられたらなと思ってます。モデル以外のお仕事もやってみたいですね。歌とかもやってみたい!

 プライベートでは語学を勉強しようと思ってます。英語はもちろんなんですけど、そのほかにも中国語とか韓国語とかいろいろ話せるようになりたいと思っています。ちょこちょこなんですけど、やっています。もっと広い世界を見れたらな、話せるようになれたらいいなぁと思って、もっと勉強しようと思っています。

――忙しい仕事の合間をぬっての勉強は大変そう…
emma恥ずかしがらずに話すことが意外に大事なのかなとも思います。机で勉強するっていうよりかは、(英語や中国語、韓国語などを話せる)友だちを作って、コミュニケーションをとるようにしています。がんばります!

――仕事でチャレンジしてみたいことはありますか?
emma今までモデルだけでやらせてもらっていたんですけど、例えば歌とかそういったことにもチャレンジしてみたいですね。とにかくいろんなことに挑戦してみたいっていうのはありますね。チャレンジ精神は旺盛に(笑)。あとは海外でお仕事してみたいです。日本以外のアジアとかでもお仕事してみたいです。

――そのための語学勉強でもあるんですね! では5年後どんな自分になっていたい?
emma自分の理想の女性でもあり理想のモデルに近づくというか、なれたらいいなと思いますね。「この服はemmaじゃないと着れないよね」とか「emmaに着てほしい」って言ってもらえるようなモデルになりたいです。

 モデルとしても女性としてもちゃんと自立していたいというか、ステキな大人の女性になれたらいいなと思いますね(笑)。5年後って難しいですね、でもいろいろ考えています。

――それでは最後に、「GirlsAward 2016 SS」に向けての意気込みをお願いします!

emma凝ったステージがあるみたいなので、楽しんでいただけるようなステージになると思います。あと何よりウォーキングも見て欲しいですね(笑)。4ステージ出させていただくんですけど、全部テイストがバラバラなお洋服を着るので、ブランドさんに選んで良かったなと思ってもらえるようにがんばりたいですね。「GirlsAward」を盛り上げれるように努力したいと思います。ぜひ楽しみにしてください! 

PROFILE

emma
1994年4月1日生まれ。2013年、ファッション誌『装苑』で表紙を飾り、モデルデビュー。数多くのファッション誌で表紙や誌面を飾るほか、現在は『ViVi』の専属モデルとしても活躍中。

OFFICIAL SITE

INFORMATION

GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER
日本最大級のファッション&音楽イベントが2016年4月9日(土)国立代々木競技場第一体育館で開催。人気モデルたちによる華やかなランウェイのほか、話題アーティストによるステージも必見!

OFFICIAL SITE
PHOTO:Yoshito Katsumata

< 1 2

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R