ホーム ダイエット・ボディケア > シトラスの香りで幸せになる! “香りと呼吸と記憶” の関係性とは?

シトラスの香りで幸せになる! “香りと呼吸と記憶” の関係性とは?

オレンジやレモンの香りが漂うとスッキリとリフレッシュした気分になりますよね。このように、シトラスの爽やかな芳香を「いい香り…」と感じたとき、脳や身体にもたらされる影響は思いのほか大きなものなのだとか。


そんなシトラスの香りを上手くライフスタイルにとりいれれば、いっそうキレイに、より前向きに過ごすことができるといいます。そこで、香りと呼吸のメカニズムを専門に研究している医学博士の政岡ゆり先生に、香りの持つ秘密について教えていただきました。


いい香りは深い呼吸を誘う
「気付いていない方も多いですが、人は “いい香り” を感じると、自然と呼吸が深くゆっくりとなります。また、不安を感じると呼吸が早く、浅くなりがち。人前でスピーチをする時に、つい早口になってしまった経験はありませんか? それは緊張や不安によって、自ずと呼吸が早くなっているのです。そんな時、深呼吸をすると少し落ち着きますよね」(政岡さん)


まさに、いい香りを嗅ぐことは自然な深呼吸のようなもの。いい香りをかぐと深い呼吸になることで不安感がなくなり、リラックスにつながるという訳です。呼吸は酸素を吸うためにしているだけではなく、感情や気分と密接にリンクしているんですね。

強くリンクしている “香りと記憶”
「少し専門的なことになりますが、鼻から吸った空気とともに香り分子が体内に入り、そこから、脳内の感情や記憶をつかさどる辺縁系という部位へ情報を直に伝達しているのが嗅覚です。

いい香りという情報が入ってくると、とたんに気持ちがリフレッシュするのはこのためです。また、この辺縁系という部位は記憶を司る海馬という部位に直結しているため、過去の記憶を呼び起こしやすいのです」(政岡さん)

1 2 3 4 >

シェア Google+

関連記事

P R