ホーム グルメ > 七五三にみる、日本の「おかげさま精神」と「祝い膳」の関係

七五三にみる、日本の「おかげさま精神」と「祝い膳」の関係

この時期になると、着物をきたかわいい子供たちの姿が、神社でも見られるようになってきます。七五三、みなさまもご両親に祝ってもらった記憶があるのではないでしょうか。この時期に七五三を行うのは一体なぜなのでしょう?


今回はいまさら聞けない日本の伝統行事「七五三」のことと、伝統的な「祝い膳」についてご紹介します。

七五三は、11月15日の「鬼宿日」に行う
穏やかな晴れの日が多い10月中旬ごろから11月中旬に七五三を行う方が多いようですが、本来は11月15日に行います。それはこの日が鬼宿日にあたり、婚礼以外はなにをしてもよい日、吉日とされているからです。

「鬼宿日」とは日の吉凶判断などに使われる日の二十八宿の一つで、二十八宿中の最良の日とされています。江戸時代の占い方では、11月15日が必ず鬼宿日と決まっていたため、将軍家の七五三にはこの日が選ばれるようになりました。鬼宿日がめでたいのは、お釈迦様の誕生日がこの日だったと信じられているためです。


七五三の行事自体は室町時代には始まっていました。江戸時代に五代将軍綱吉のご子息のお祝いをこの日に行ったことから、関東の武家社会を中心に七五三が定着したと言われています。

昔は子どもの死亡率が高かったため、無事に成長してくれたお祝い、そしてこれからの長寿を願って、その子の生まれた土地の神様に感謝とこれからの加護をお願いする儀式として現在にいたっています。

3歳:「髪置」ようやく髪がそろい髪を伸ばす頃
5歳:「袴着」初めて袴をつける
7歳:「帯解」歯もはえ揃い、紐付き帯ではなく本仕立ての着物と丸帯を


七五三といえば「千歳飴」と「祝い膳」
七五三といえば「千歳飴」。これは延寿、長く生きて欲しいという願いを込めて、めでたい紅白で色づけられています。今でも伝統を重んじる和菓子屋では、一度神社でお祓いを受けた物を店頭に並べています。


家庭では「祝い膳」を作り、家族や親しい人と食卓を囲みます。生まれて100日(もしくは110日、120日)に「一生食べ物に困らないように」との願いを込めて行う「お食い初め」をはじめとし、御節や、七五三、結納、 結婚式、賀寿(還暦や喜寿、米寿など)など、折りにふれてお祝いのお膳をいただく習慣があります。

1 2 >

シェア Google+

関連記事

P R