ホーム レシピ > ワインが進む春の味! ホタルイカと新ジャガのアヒージョ

ワインが進む春の味! ホタルイカと新ジャガのアヒージョ

スペイン語で「ニンニク風味」という意味のアヒージョ。オリーブ油とニンニクで煮込むスペイン南部のタパス(小皿)料理です。

実はとっても簡単につくれることからここ数年、家庭の味としても人気が急上昇。

今回は具材を、今が旬のホタルイカと新ジャガで。季節感を楽しみながら、ワインもぐんぐん進みそう!


ホタルイカと新ジャガのアヒージョ

調理時間7分 1人分751Kcal
レシピ制作:料理研究家・フードコーディネーター 吉田朋美


<材料 1人分>
ホタルイカ(ボイル) 100g
新ジャガイモ 3個
ニンニク 2片
赤唐辛子 1本
塩 適量
粗びき黒コショウ 適量
オリーブ油 100ml
バゲット 適量


<下準備>
食パンとバナナは食べやすい大きさに切っておく。

<作り方>
1、ホタルイカの目と口を取る。ニンニクは薄切りにする。赤唐辛子は半分に折り種を取る。


2、新ジャガイモは皮付きのまま4等分にし、耐熱皿にのせてふんわりラップをし、電子レンジで3分加熱する。

ヒント! 電子レンジは600Wを使用しています。



3、小さめのフライパン、または鍋にニンニクとオリーブ油を入れて中火にかけ、赤唐辛子、新ジャガイモ、ホタルイカを加えて軽く煮る。


4、塩、粗びき黒コショウを振り、熱いうちに食卓にならべる。バゲットを添える。



ぷりぷりの旬のホタルイカとニンニクの香りがたまりません!

バゲットはたっぷり用意して、オイルソースを余すことなく味わいきりましょう。

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R