ホーム レシピ > お鍋ひとつで簡単調理!テンションあがる「ワンポットパスタ」5選

お鍋ひとつで簡単調理!テンションあがる「ワンポットパスタ」5選

いよいよ2021年の幕開けです。すでにお仕事もはじまり、相変わらずバタバタと忙しく日々が過ぎていきますが、皆様いかがお過ごしですか?

リモート作業の方は、在宅になるので時間があると思われがちですが、通勤時間がない分逆に仕事量が増え、お昼の時間や夕食の準備もままならないことが多いですよね。

そこで今回は、なんとお鍋ひとつで簡単に作ることができる、テンションが上がるワンポットパスタ5選と、梅マイスターオススメの和えるだけで作れる簡単パスタをご紹介したいと思います。

■トマトが染み込む濃厚テイスト!「ツナとトマトソースのワンポットパスタ」ツナとトマトソースのワンポットパスタ

出典:E・レシピ


パスタをわざわざ別のお鍋で茹でる事なく、一つのお鍋で全て作れてしまう魅惑的なワンポットパスタのレシピ。その中でも人気が高いトマトソースの「ツナとトマトソースのワンポットパスタ」は、トマトソースで煮込むように作るのでパスタにしっかり味が入り、まるでナポリタンのような濃厚さを味わうことができます。シメジ以外にもエリンギや舞茸などのキノコ類をプラスしても良いですね。便利で簡単、洗い物も少ない三拍子揃った万能レシピです。



■アサリが美味しくしてくれます!「アサリとキャベツのワンポットパスタ」アサリとキャベツのワンポットパスタ

出典:E・レシピ


アサリからでた旨みとキャベツの甘味をパスタが吸い込んで、アクアパッツァやブイヤベースの〆に頂くパスタのような「アサリとキャベツのワンポットパスタ」。
キャベツは包丁でざく切りにしても、手でワシャワシャちぎってもOK。あとはアサリが美味しくしてくれるのでラフに作っちゃいましょう!盛り付けた後にオリーブオイルをサッと回しかけてあげると更に美味しくなりますよ。



■黄身を絡めて召し上がれ「肉みそのワンポットパスタ」肉みそのワンポットパスタ

出典:E・レシピ


東海地方ではお馴染みの八丁味噌。熟成期間が長いので独自の色味ですが、塩分量は他の味噌に比べて若干低め。大豆と水と塩だけで作られた八丁味噌は火を入れることでコクが出ます。こちらの「肉みそのワンポットパスタ」は、鶏ひき肉と八丁味噌で作るので、見た目より和風でさっぱりとしたテイストでいただけます。黄身をちょこんと乗せて、パスタに絡めながら食べると美味しいですよ!



■ピンクと緑が美しい!専門店に負けない美味しさの「明太クリームスパゲティー」明太クリームスパゲティー

出典:E・レシピ


最近では専門店まで登場している話題の明太子スパゲティ。クリーム系のパスタは作った後の洗い物が大変な印象がありますが、明太子スパゲティもワンポットで作れます。味付けのポイントはズバリ昆布茶!このレシピは生クリームを使わず牛乳で作ります。カロリーも控えめで昆布茶が味に奥行きを出してくれますよ。千切りにした大葉をたっぷり乗せて召し上がってくださいね。



■ベストオブベストなワンポット「黒コショウとバターのシンプルなワンポットパスタ」黒コショウとバターのシンプルなワンポットパスタ

出典:E・レシピ


みんなの「おいしい!」が150近くもついたパスタの中でも人気が高い「黒コショウとバターのシンプルなワンポットパスタ」。材料も少なくてとってもシンプルなんですが、ワンポットで作ることで、細粒スープの素の旨味とバターのコクがしっかりパスタに染み込んでとっても美味しいんです。黒コショウをたっぷり挽いたら、あとは食べるだけ!メイン料理の付け合わせにもなりますが、是非とも一皿贅沢に食べて欲しい大人気の一品です。



■最後に…「梅干し」で作る!和えるだけの簡単パスタレシピ
梅マイスターからは、テーマの食材と梅干しを合わせたレシピをご紹介しています。今回は、梅干しを使って作るパスタレシピです!

ツナ梅パスタ

ツナ梅パスタ

出典:E・レシピ


梅干しとツナをパスタに和えるだけの簡単レシピ。梅を入れる事で、色々な調味料を使わず、お醤油はちょっぴり、ごま油で梅とツナを優雅に絡ませたら完成の簡単でスピーディーなレシピです。こちらも是非作ってみてくださいね。



年が明けても毎日のご飯作りは相変わらず…何を作ろうか献立構成も頭を悩ませますよね。そんな時は今回ご紹介したワンポットパスタがオススメです。まだまだ寒さは続きます。風邪やウイルスに気をつけて、健康で笑顔で毎日を過ごしていきましょう!


(豊島早苗)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)