ホーム エンタメ > 子どもを無責任に欲しがる夫に困惑…まずは生活を安定させたいのに/まさとの場合(2)【モラハラ夫図鑑 Vol.47】

子どもを無責任に欲しがる夫に困惑…まずは生活を安定させたいのに/まさとの場合(2)【モラハラ夫図鑑 Vol.47】

■前回のあらすじ
結婚後、無職になった夫を支える生活がはじまった…。

※この話は「ひとり親世帯」の経済的支援と心の支援に取り組んでいるサービスwaccaに投稿された実話を元に漫画化しています。



結婚後、働かなくなった雅人に不安を感じつつも、私の姉に子どもが生まれたので、お祝いに行ったところ…。

姉には雅人が仕事を辞めたことを話していませんでした。すぐに次の仕事を見つけてくれると思っていたので、実家の家族に余計な心配をかけたくなかったのです。

私は今のこの状況で子どもを産むなんて、考えられませんでした。まずは生活を安定させないと…雅人もそれは理解しているだろうと思っていたのですが…。


私の姉の子どもをみて自分も欲しくなったのでしょうか…
雅人は子どもができれば変われるから、どうしても子どもが欲しいと言い出したのです。


しかし雅人は「子どもができれば自分は変われる」の一点張りで、夜の生活も無理やりされるようになりました…。

どこのクリニックに電話しても中絶手術には夫の同意書が必要でした。悩んでいるうちにだんだんと人の形をしてくる我が子。命の実感をひしひしと感じました。
不安でいっぱいの私に母は「いざとなったら私も一緒に面倒見てあげるから」と言ってくれました。そして、私は産む決心をしたのです。

次回に続く!

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)