ホーム レシピ > 今すぐに作って食べたい! 「春キャベツ」が主役の絶品レシピ5選

今すぐに作って食べたい! 「春キャベツ」が主役の絶品レシピ5選

柔らかく生食に適した春キャベツは、今が旬。カテキンやビタミンC、ミネラルなどが豊富でヘルシーなのも魅力です。

そこで今回は、食卓を彩る「春キャベツ」が主役の絶品レシピを5つご紹介。家族と一緒に美味しい旬の味覚をたっぷりと味わいましょう。いずれのレシピも食材を少しアレンジするだけで、飽きずにリピートできます。

■素材の味をシンプルにいただく! 「ソーセージと春キャベツのスープ煮」
素材の味をシンプルにいただく! 「ソーセージと春キャベツのスープ煮

出典:E・レシピ


春キャベツの旨味や食感をとことん楽しめるのがこちらのレシピ。ソーセージと春キャベツのスープ煮です。自宅で簡単に洋食屋さんのスープの味を再現できます。仕上げにお好みで、粗びき黒コショウを振ってから召し上がれ! 

こちらのレシピでは、ソーセージ、玉ネギ、ニンジン、グリンピースを使っていますが、ジャガイモやブロッコリーを加えても良さそうです。また、自宅に合わせスープを作る白ワインがない場合は、料理酒やみりん、日本酒で代用できます。野菜たっぷりな一品なので、ダイエット中でも罪悪感を抱かず、食べることができそうですね。



■半熟卵がトロ〜リとよくからんで美味、簡単に作れる「春キャベツのココット」
半熟卵がトロ〜リとよくからんで美味、簡単に作れる「春キャベツのココット」

出典:E・レシピ


ココットとは、フランス語で円形、楕円形の小型の器、もしくはそれらを用いた料理のことなのだそうです。こちらのレシピは、炒めた材料をココット皿に入れて、オーブンで焼けば完成します。お好みで、ドライパセリを振ってからいただきましょう。

15分で簡単に作れるので、時間がないときにもピッタリです。忙しいパパやママのお助けレシピになりそう。トロ〜リとした半熟卵とチーズ、春キャベツの美味しいハーモニーがたまりません。コーンの食感と甘味も程よいアクセントに。オーブンの代わりにオーブントースターを使っても問題ありません。



■ランチやディナーの主食に困ったらコレ! 「春キャベツのガーリックパスタ」
ランチやディナーの主食に困ったらコレ! 「春キャベツのガーリックパスタ」

出典:E・レシピ


春キャベツを使ったおすすめパスタはこちら。春キャベツのガーリックパスタです。春キャベツとプチトマトのほか、ニンニク、アンチョビ、赤唐辛子が入っていて、見た目はシンプルですが豊かな味わい。女性ならこの一皿で美味しくお腹を満たすことができます。

ボリュームアップしたい場合は、具材に鶏肉やベーコン、ソーセージを加えたり、フランスパンと一緒に味わうのも良さそうです。濃厚な味わいが好きなら、バターを少量加えるのもいいでしょう。タバスコをかけてから食べるのも◎。具材と調味料を少しアレンジするだけで、簡単に風味をチェンジできるお手軽パスタです。



■キャベツ半玉を消費できる、パンとの相性バツグンな「春キャベツのクリーム焼き」
キャベツ半玉を消費できる、パンとの相性バツグンな「春キャベツのクリーム焼き」

出典:E・レシピ


キャベツはクリームソースとの相性も良いですよね。こちらのレシピなら、二人でキャベツ半玉を贅沢に味わうことができますよ。パン粉のカリカリ食感とアツアツな春キャベツ入りのクリームソースがくせになる味わい。

このレシピを美味しく作るコツは、キャベツの水気をしっかり絞ること。そうすることで、より濃厚でコクのあるクリーム焼きに仕上がります。卵クリームソースを作る手間を省きたい場合は、市販のホワイトクリームソースの素に卵を混ぜてから使っても大丈夫。食卓を旬色に彩ってくれる一品です。ぜひお試しを。



■塩味がキャベツの甘みを引き立てる、ご飯が進む「春キャベツとエビの塩炒め」
塩味がキャベツの甘みを引き立てる、ご飯が進む「春キャベツとエビの塩炒め」

出典:E・レシピ


春キャベツを使った主菜を作りたいのなら、こちらのレシピが最適。シンプルな塩味でご飯がもりもり進む、春キャベツとエビの塩炒めです。

作り方は、エビを水で洗って殻をむき、背ワタを取り除き、塩コショウを振って片栗粉をまぶします。そして、フライパンにサラダ油を中火で熱し、エビを炒めましょう。エビの色が変わったら春キャベツを加え、合わせ調味料の材料を回し入れて炒め合わせます。水溶き片栗を混ぜてから加え、トロミがついてから器に盛れば出来上がりです。

少ない材料で簡単に作れるので「今夜のご飯どうしよう?」と悩んだときにもオススメ。



葉が柔らかで食べやすい春キャベツ。どんな料理にもマッチしやすく、冷蔵庫の中にあると何かと便利です。普通のキャベツと比べ栄養価も高いので、ぜひ積極的に食事に取り入れたいですね。

(木下あやみ)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)