ホーム レシピ > 栄養とうまみたっぷり旬の味! アサリと白菜の和風チャウダー

栄養とうまみたっぷり旬の味! アサリと白菜の和風チャウダー

日本の食卓で、ポピュラーな貝類といえば、アサリですね。スーパーで通年手に入るアサリですが、本来の旬はこの春先、2〜4月頃。

カルシウムやカリウム、亜鉛などのミネラルのほか、不足すると貧血の原因となるビタミンB12を豊富に含むアサリ。

今回は、栄養と旨味たっぷりの旬のアサリを使った、大人も子どもも大好き、クラムチャウダーをご紹介!

ほんのり白みそを効かせた和風味のチャウダーは、具沢山にしてメインの一皿としても、お味噌汁の代わりの一汁としても。

トロッと煮込んだ白菜の甘みが、アサリのダシとよく合います。


■アサリと白菜の和風チャウダー

調理時間 14分 1人分 277Kcal


レシピ制作:料理研究家、フードコーディネーター 吉田朋美


<材料 2人分> 
アサリ(砂出し) 200g
白菜 200g
ベーコン 1枚
玉ネギ 1/4個
バター 10g
小麦粉 小さじ2
水 300ml
白みそ 小さじ2
塩 適量
粗びき黒コショウ 適量
牛乳 150ml
生クリーム 50ml


<作り方>
1、アサリは砂出し後、よく水洗いしてザルに上げる。玉ネギと白菜の芯は1cm角に切り、白菜の葉は3cm角位に手でちぎる。ベーコンは細切りにする。

2、鍋にアサリと水を入れて蓋をし、火にかける。全ての殻がしっかり開いたら火から下ろし、そのまま置く。

3、別の鍋を熱してバターをひき、ベーコン、玉ネギ、白菜の芯を炒め、玉ネギが透明になってきたら、小麦粉を加えてさらに炒め、(2)の汁を全て入れてひと煮たちさせ、アクを取る。

4、白菜の葉を加え、火を弱めて白みそを溶かし、牛乳と生クリームを加えてひと煮たちさせる。

5、殻から取り出したアサリの身を加え、塩、粗びき黒コショウで味を調える。器によそい、お好みでさらに粗びき黒コショウを振る。


生クリームがない場合は、牛乳200mlでも代用可(生クリーム50mlの場合)。アサリは、火を通し過ぎてかたくならないよう、最後に加えます。
(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R