ホーム エンタメ > 頑張るしかない! 覚悟が決まった手術当日の朝【鼻腔ガンになった話 Vol.48】

頑張るしかない! 覚悟が決まった手術当日の朝【鼻腔ガンになった話 Vol.48】

■前回のあらすじ
手術に向けて再び入院。しかし、就寝時間直前に入院してきた女性患者を見掛けたことで、「こんな若い子ががんなんて…」と苦しい気持ちに…。

■相部屋の女性患者の話が耳に入ってしまい動揺…







私にとってはかなり衝撃的な出来事でした。

あの若い女の子の患者さん。そのご家族。

これから当たり前に将来のことに希望を持って過ごしていたのに、急にそれが不安定なものになってしまうのはつらいことだと思いました。

がん病棟の入院患者は多かれ少なかれ、そういう気持ちを抱えていて…。

とても悲しくなりました。


■そして手術当日、気持ちが落ち着いた朝を迎える





手術当日を迎えて、なんだか気持ちも落ち着いてきました。

結局どんなことが起ころうと頑張ることしかできなくて、たまにガッカリ落ち込みますが、一番底まで落ち込んだら浮上するしかないと考えています。

次回に続く。「鼻腔ガンになった話」連載は14時更新!
※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(やよいかめ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)