ホーム エンタメ > 先生の到着にようやく安堵するも、病室では悲鳴が!?【鼻腔ガンになった話 Vol.54】

先生の到着にようやく安堵するも、病室では悲鳴が!?【鼻腔ガンになった話 Vol.54】

■前回のあらすじ
夫は手術後の私の苦しそうな様子を見て、「無事に手術が終わったはずなのに、なぜ大暴れするのか?」とかなり心配したようで…。

■やっと先生が来てくれたけど…
前回に続き、夫の視点でお届けします。






自分では、「先生が来て処置してもらい、安心して眠れるようになった」という記憶しかありませんでしたが、かなり出血していたみたいです。


■出血がひどく、夫も病室から出されてしまう…!





まったく覚えていないのですが、病室を阿鼻叫喚させてたらしいです…。

普段、病室で診察や処置が行われる場合は、「あらかじめカーテンを閉めて、お見舞いのお客さんには病室から出てもらう」というのがデフォルトのようですが、今回緊急事態だったので、こんな状況になったのだと思います…。

※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(やよいかめ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)