ホーム エンタメ > 苦手なママ友との気乗りしない遠出が負担…/ママ友を作るより大切だったこと(2)【私のママ友付き合い事情 Vol.136】

苦手なママ友との気乗りしない遠出が負担…/ママ友を作るより大切だったこと(2)【私のママ友付き合い事情 Vol.136】

■前回のあらすじ
ママ友の里奈さんはフレンドリーですが、私に対して否定的な発言が多く、頻繁に会う花は疲れ気味。次第に彼女と話すことに苦痛を感じるようになっていきました。

しばらくは子どものためと割り切って遊んでいたのですが…。


人の話を聞かないことや、自慢が多いこと…里奈さんのささいな言動にも気になるようになってしまった私。

もう里奈さん親子との遠出は控えようと思っていた矢先、誘われたテーマパーク。乗り気ではなかったものの公太の嬉しそうな姿を見て、つい約束をしてしまったのですが…。



里奈さんに誘われるがまま遠出してしまったことで、家計を圧迫していることに気づき、大反省した私。しかもお金かけてまで遊びに行きながら、ずっと里奈さんに気を使ってばかり。もう里奈さんと出かけるのは止めたい、でも公太は楽しそうだし…と自分の頭の中でぐるぐる考え込んでいました。

これからずっとこんな感じで過ごしていくのかな…そう思うと気持ちが沈み、どうするべきか悩んでしまうのでした。

そんなある日…。



※この漫画は実話を元に編集しています


(せりママ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ