ホーム エンタメ > 父親の自覚が足りない夫…男友達と遊びほうける男性に読者から怒りが殺到!

父親の自覚が足りない夫…男友達と遊びほうける男性に読者から怒りが殺到!

子どもの父親になったのに、その自覚がないのか、男友達と遊んでばかりいる夫。一度は自分の行動を反省したかと思いきや…ある日、事件が起こってしまいます。

■子どもを置いて遊びにばかり行く夫
子育てに奮闘する専業主婦の千明さん。ヤンチャざかりの長男・隼人に産まれたばかりの菜々美と、ひとりでふたりの子どもを見るのは大変なのに…

友達を大切にするのはいいことですが、もっと家庭に目を向けてほしい。一度ガツンと言わないと…そう思い、次の休日は家にいてほしい、育児に協力してほしいと夫に訴えました。

けっきょく育児を放棄し、遊びに行ってしまった夫。仕方なく、子どもを連れて買い物に出かけたのですが、ふと目を離した隙に、隼人の姿が見えなくなってしまったのです!


■息子が行方不明…どこに行ってしまったの!?
夫が来るまでの間、必死に隼人を探しましたが、やはり見つかりません。
すると…

目の前に現れたのは、夫の男友だちの奥さんたちでした。どうやら、夫やその男友だちが連絡を回してくれて、私の窮地に駆けつけてくれたのです!


コレで本当に夫は反省したのでしょうか…?


■本当に反省してる!? 読者の怒りが爆発
スーパーで行方不明になってしまった隼人。無事に帰ってきたからよかったものの、そもそもそんな危険な目に遭わせたのは夫に父親の自覚がなさすぎるから! 読者の怒りはおさまりません。

子どもが危険な目に遭っているかもしれないのに目が覚めないとか、本当にありえない!


結婚して子どもが産まれたなら、何を優先すべきか一度言われないと遊びを優先する人にはわからないですよね。 言われても改めてくれるなら救いようはあると思いましたが…。


ショッピングモールで3時間子どもが行方不明になっていたら、発狂します。1時間でも警察行くかも。3時間いなかったら子どもの生死を心配します。旦那の友達の奥さんが来てくれて感動なんてちょっと考えられないです。


解決したからいいものの、下手すれば離婚になるレベルの話ですよね。夫の連絡で奥様方が一致団結するのもすごいけど、妻を何でも屋とでも思ってるのかな?


ドヤ顔で言われても意味ない。こっちは子どもがいなくなると青ざめるほどなのに、子どもより友達ですかー。そんな人は独身を貫
いた方がいいと思いました。なんで自分の子どもの面倒をめんどくさがるのでしょうか?


大勢に迷惑をかけていることにすら気付いていない。 まずはお礼とお詫びでしょうに。


本当の友人なら遊びにばかり誘いませんし、第三者目線で相手の立場に立ち、きちんと家庭を省みるように叱責したりすると思います。今回は友人の妻達が協力してくれましたが、私には関係ないから協力はしない、みたいなことを言われたら夫達はどうしたのでしょうか。あっさり友情は崩壊しただろうな…と思いました。


怒れママ軍団!!!!!!!! 男は所帯を持ってもいつまでも子どもでいていいのか!!! もっと家庭を大事にしないと、最後は夫が捨てられるだけだよ。


同じ父親の立場からみてもクソですね。こういう人に父親を名乗ってほしくないです。ウチも2人子どもがいるので、買い物の大変さはわかりますし、家事も分担しています。きっと奥さんはこの恨みを一生忘れないと思います。


隼人は無事帰ってくるおか、ヒヤヒヤしながら漫画を読まれた方が多かったようです。そのため、千明に対しても、もっとキツく言うべきだったのでは?といった意見もありました。

あり得ない。迷子を助けたのは奥様達であって、遊び呆けている旦那達は何もしてない。なのにあたかも自分の手柄のように上からな態度が腹立たしい。子どもの面倒も見ずに何も言わずに出かけたり、そんなことしたらチェーンロックしますよ。したことありませんが、家族である以上に子育ては2人でしていくもの。奥さんも謙虚ですね…。奥様達の逆襲が楽しみです(笑)。


随分と寛大な奥様ですね。そんなだから、旦那に甘く扱われちゃうんだよ〜。


持つべきものは友だろ って問題じゃないですよね。旦那から連絡来て飛んできた友達の奥さん方もいい迷惑ですよね。優しい方達だったから良かったものの、私だったら旦那さんは? 父親でしょ? なんで私がよその子を探しにいかないといけないの?てなりますし、子供より自分の遊びを優先はおかしいんじゃないかと思います。父親という自覚がないのはもう目に見えてわかっていると思います。子どものことを思ったら遊ぶのを控えるのが当たり前だと思うんですが、奥さんも今まで甘やかしすぎてるんじゃないんですかね。


子育ては夫婦ふたりでするもの。それなのに子どものことは妻に押し付けて、遊んでばかりいる夫に非難轟々でした。ウーマンエキサイトには、さまざまな夫婦のエピソードが多数掲載されています。イラっとしたり、ホッとしたりしながらご覧ください(笑)。


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ