ホーム エンタメ > 昆虫好きの息子を応援できずに悩む“虫嫌いの母”に読者から「お母さん かわいそう」の意見が集まる

昆虫好きの息子を応援できずに悩む“虫嫌いの母”に読者から「お母さん かわいそう」の意見が集まる

昆虫が大好きで、虫について真剣に勉強するようになった息子。応援してあげたいけど…私は虫が苦手…どうしよう…と悩む母に、読者から寄せられた意見をご紹介します。

■昆虫にのめり込む息子
隆志は小学4年生。
父親の仕事の関係で、東京のマンションから田舎の家に引っ越すことになりました。

最初は引っ越しに乗り気ではなかった隆志。
ところが、この引っ越しが、のちに隆志にとって特別なものになるのでした。

母親と隆志の姉は大の虫嫌い。
引っ越し早々、虫の洗礼を浴びることになった一家ですが、郊外の生活にも慣れてきたころ…

そして翌日、隆志は父親に連れられて森へ。

ついに昆虫を飼えることになった隆志。
虫に興味をもった隆志は、次々に飼育したい昆虫が見つかり、母親にお願いするのですが…。

エスカレートする隆志。
母親の「ノー」に、「お母さんは全然僕のことをわかってくれない」と父に愚痴ります。
すると…

隆志が真剣に生き物に向き合っていると感じた父からのプレゼントでした。
そして父親は、生き物を飼いたいなら、もっと生き物について勉強すれば、きっとお母さんからも認めてもらえるはずだと隆志に話しました。

■親子の衝突
この日から、隆志は本気で生き物について勉強を始めます。
お母さんに真剣さを知ってほしかったし、何よりも虫たちについてもっといろいろなことを知りたかったから。

夫に、「息子を応援してあげようよ」と説得された妻。
飼った生き物は絶対にケージから出さない、逃さないことを条件に、協力することにします。
一方、隆志は――。

捕まえたトカゲを家に連れて帰ることに。

隆志は悲しさと、母親にわかってもらえない悔しさで机の上で泣いたまま、眠ってしまいました。
でも、母親は母親で苦しい胸の内を抱えていたのです。

母親を喜ばせようとした隆志の思いは母親に届くのか。
そして、息子の生き物への真剣な気持ちを理解してあげられないことに苦しむ母親はどうする!?

そしてこちらの話に集まった読者の意見は…?


■母親の気持ちも尊重してあげて!
夫の説得で、苦手な昆虫や爬虫類を飼うことを許した妻。読者からは、「だけどそれって、いったいどうなの?」といった意見が多く寄せられました。

これはお母さんが可哀想だし父親が悪い。無責任に押し付けず、もっと上手く仲介すべきだったと思う。


お母さんの気持ちも尊重してあげて! お父さんは虫を飼うことでたくさんのことを吸収させたがっているみたいだけど、お母さんの嫌という気持ちも尊重してあげてほしい。タバコだってタトゥーだって香水だって、それを良しとする人もいれば悪と思う人もいる。相手を説き伏せることばかり教えているように思えてしまいました。


お母さんは嫌いというか怖いのですよね。お母さんに取って虫や爬虫類は、お化けなどのようなものなのですよね。嫌いと言い張るからお子さんもなかなか理解できなかったのではないでしょうか。怖いと感じてしまうのは仕方がないと、大人になるまでに理解できるといいなと思います。


母親が嫌いプラス苦手なのをわかっていて勧める父親…子供が自発的に好きになっていったならともかく、きっかけは父親だもんな…息子さんが頑張ってるみたいだけど。息子さんに父親は苦手な人との接し方を教えてあげてほしいです。


子どもがどんなに好きでも虫のように好みの分かれるものは受け入れられない親がいても当然だと思いますし、正直わがままばかりの息子さんにイライラもしました。自分はいくら好きでも受け入れられないことがあるのは恋愛や人間関係も同じ。そこをきっちりと教えて金を稼いでから自分で好きにやるよう導くのも親の役目ではないかと思いました。


最初から嫌いだって言ってるのに……。私だったらもう無理かな。いくら子どもが好きなもの、夢中なものだとしても、じゃあ自分だけが子どものために我慢しないといけないの? 一緒に暮らす上での気遣いとかルールもあるでしょう…。家族が心底無理なものを、それでも飼いたいなら、別居する覚悟を持って………。そういうことだと思う。自分だったらカエルやトカゲと、カゴに入れてあったとしても同じ空間にいるってのがもう心理的に無理。


「嫌い」じゃなくて「苦手」って気持ちをこどもに伝えることはできないのかなあ…。好きが一致しなきゃならないってことはないんだから。


親だからといって、子どもの全てを積極的に受け入れる必要はないと思う。虫や爬虫類は生理的に苦手な人も多い生き物である。しかし、この母親は子どもが虫や爬虫類を飼育することを許可し、図書館にも連れて行くなど、十分に子供の興味あることを応援している。生き物を通して命の大切さを学ぶことは大事だが、特に飼育は家族の協力があってこそであり、家族の意見を尊重することも重要だと感じた。


虫…そんなに苦手?と思ってしまう父親は多いのではないでしょうか。ですが、誰かが我慢しないとならない状況はあまり良いとは思えないですよね…。
今回のお母さんは子どもの好きを応援したい気持ちがあるので、お父さんに対してお母さんの「虫が苦手」という気持ちも尊重してあげて欲しい…という意見が多かったエピソードでした。


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ