ホーム エンタメ > 他の人と話すと嫉妬?! ママ友に依存されたエピソードに思う“人との距離”の難しさ

他の人と話すと嫉妬?! ママ友に依存されたエピソードに思う“人との距離”の難しさ

ママ友との距離感、難しいですよね。仲良くするのはもちろん悪いことではありませんが、必要以上にプライベートに立ち入ってきたり、他のママ友と話すことを嫌がるなんて、やはりおかしい…。依存体質のママ友に悩まされたエピソードをお届けします。

■仲良くなったママ友が次第に重い存在に…
夫の転勤で、知り合いがまったくいない街に引っ越した菜摘。社交的なタイプではないため、ここでやっていけるのだろうかと不安を抱えながら、娘の幼稚園へ…。


仲良くなったふたりは、子どもの送り迎えを一緒にしたり、お茶をしたり、休みでも会うように。家にも招くなどして家族ぐるみの付き合いとなりましたが、しばらく経つと関係が少し変わっていきます。


最初はそのやり取りを楽しくしていた菜摘でしたが、次第に面倒くさいと思うように。ときには返信を後回しにするようにもなっていました。


しかも、困ったのはメッセージだけではなく…


嫉妬!? そして詩織は、菜摘を置いて、先に一人で幼稚園へと向かってしまいました。謝ったほうがいいのかと思いつつ、何が悪かったのか理解できない菜摘。すると…


そして、このことがあって以降、詩織の菜摘への態度はまた少し変わってきました。幼稚園の懇談会のときも…



ますますエスカレートする詩織にゾッとする菜摘。そして菜摘は、他のママ友から、詩織のヤバさを再確認する話を聞きます。これはきちんと自分の気持ちを伝えるしかない…そう意を決した菜摘。はたして、詩織はわかってくれるのでしょうか。

こちらは投稿されたエピソードを元に3月23日よりウーマンエキサイトで公開された漫画です。漫画に集まった読者からのコメントをご紹介します。


■どう思う? ママ友との距離感
次第に行動をエスカレートさせる詩織。怖いですよね…。同じような経験のある読者からのメッセージをご紹介します。

・習い事の先生がこんな感じで被害に遭っていました。ここまでだと病気の可能性が…。

・ママ友ではないですがSNSで知り合い意気投合して遊ぶようになった女性がいたのですが、メンタルが不安定で依存から最終脅迫を受けて怖い思いをしたことがありました。その方もはじめすごく気の利く良い人だったので、この記事にとても共感しました。


一緒に生活でもしない限り、人の本性を知るのは難しいですよね。ママ友に限らず、「ちょっと込み入ったこと聞いちゃったかな」「休みの日にまで遊びに誘うのは迷惑かな」と、そんなことを思った経験のある人は多いはず。続いて、ママ友との距離感にまつわる意見をお届けします。

・ママ友って言葉がおかしいのでは。同じ幼稚園や学校に通ってたまたまクラスが同じだけの関係で友人ってなるの? 職場だったら単なる知人レベルなのに、子どもを挟むだけでべったりな感じになるのが理解できない。私はもともと人付き合いが面倒に感じるタイプで、1人でも平気だからそう思うのかなあ。

・怖すぎる…。でも、彼女自身も自覚がなさそうだからなおのこと面倒。どんな人か付き合わないとわからないから難しい。私はアポなしで押し掛け訪問の時点で無理。嫌われてもいいからいっそのこと、ガツンと言った方がいいかもしれないですね。これ以上付きまとうなら警察に言うとか伝えてみたり、話すときは旦那とか他のママさん達にも一緒にいてもらったり。優しくされると余計執着するのかも…。話の通じる相手だといいですね。

・ヤンデレ彼女やん。ママ友の距離感じゃないよ。執着されると厄介なんだよね。適度に距離感を保たないとすぐストーカーになるタイプ。一緒にどこかのママ友グループに入って執着の糸を分散させるのがいちばん良さそうだけど…。

・人に依存している人と距離を取るのって難しいと思う! 誰か事情がわかる人で協力してくれる人を見つけて、離れていければいいんだけど…。初めてのママ友、たしかに助かることもあるけど、適度な関係がいちばんいいと思います。

一度依存されると距離を取るのが難しいですよね…。ママ友に限らず、人との距離感の難しさを感じさせるエピソードでした。


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ