ホーム レシピ > 簡単で本格的【もつ鍋】の作り方!もつを使った料理や焼酎のレシピ10選もラインナップ

簡単で本格的【もつ鍋】の作り方!もつを使った料理や焼酎のレシピ10選もラインナップ

寒い冬はやっぱり鍋! 特に、プリッとした食感と濃厚な旨みが広がるもつ鍋は、大勢が集まる年末年始にもぴったりです。もつ鍋はお店ではよく食べるけれど、家庭で作るのは“ちょっとハードルが高い”と考えている方もいるでしょう。


そこで今回は、自宅で簡単に作れる絶品もつ鍋の作り方をご紹介。また、定番のもつ煮込みやもつ炒め、もつを使ったカレーのほか、焼酎レシピも登場しますよ。

■もつ鍋の作り方
下茹で済みのもつを買えば、手軽にもつ鍋を作れます。もつの旨みがしみ出た味噌味のスープが絶品で、お店で食べるもつ鍋のようです。〆に中華麺を入れて、余すことなく楽しみましょう。

簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立て
簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立て

【材料】(4~5人分)

豚モツ(ゆで) 500~600g
キャベツ 1/2~1個
白ネギ 2本
シメジ 1袋
エノキ 1袋
ニラ 2束
<みそスープ>
だし汁 1200~1500ml
酒 100ml
ニンニク(薄切り) 4~5片分
ショウガ(せん切り) 1片分
赤唐辛子 1~2本
顆粒チキンスープの素 大さじ 2
<調味料>
みりん 大さじ 2
しょうゆ 大さじ 2
みそ 大さじ 4~5
塩 少々
<薬味>
すり白ゴマ 大さじ 2~3
赤唐辛子(粉) 適量
中華麺(鍋用) 2~3玉
ゴマ油 小さじ 2


【作り方】

1、モツは水できれいに洗い、食べやすい大きさに切って土鍋に入れ、<みそスープ>の材料を加えて中火にかけ、煮たったら1〜2分煮て、モツを取り出す。

簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立ての作り方1

2、野菜を準備する。キャベツは芯を三角に切ってザク切りにし、粗くほぐす。白ネギは長さ3〜4cmに切る。シメジ、エノキは石づきを切り落とし、小房に分ける。ニラは長さ4cmに切る。

簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立ての作り方2

3、鍋にニラ以外の野菜とモツを盛り合わせる。1の<みそスープ>に<調味料>を加え、みそは溶いて鍋に注ぎ入れ、鍋の蓋をして火にかける。具に火が通ったらニラを加え、もう一度蓋をしてニラがしんなりしてきたらでき上がり。

簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立ての作り方3

4、器に<みそスープ>ごと取り分け、<薬味>を加えいただきます。最後に、中華麺を加えてほぐれたら風味付けにゴマ油を加え、<みそスープ>と盛り分け、お好みですり白ゴマを振る。

簡単本格もつ鍋 絶品味噌仕立ての作り方4




■煮込みや炒め物も<もつ>が美味しいレシピ7選

・もつの炒め物



たっぷりの野菜ともつを一緒に炒める、定番のもつ炒め。甘辛い濃いめの味付けで、ごはんもお酒も進みます。調味料は先に合わせておき、豚もつをしっかり炒めてから、野菜を加えてサッと炒め合わせるのがポイント。野菜のシャキッとした食感が堪能できます。



・もつと大根のカレー炒め



こちらはカレー粉のスパイシーな香りが食欲をそそる、カレー風味のモツ炒め。もつの旨みがしみ込んだ大根が、とっても美味しいですよ。もつは独特の臭みがありますが、ササッと茹でて水洗いしてから使うと気にならなくなります。



・炊飯器でもつ煮込み



じっくりと長時間煮込む必要があるもつ煮込みですが、炊飯器を使用すれば簡単に作れます。材料を切って炊飯器に入れるだけでOK。長時間煮込んだもつと変わらず、やわらかく味のしみ込んだもつ煮込みが完成します。



・もつの白みそ煮込み



もつ煮込みと言えば赤みそが定番ですが、白みそを使っても美味しく仕上がります。赤みそよりもやさしく甘めの風味が、ごはんとベストマッチ。野菜も絶品で、子どもにもおすすめです。



・もつの赤ワイン煮込み



赤みそに赤ワインを加える、洋風のもつ煮込み。セロリの香りも効いていて、ワインにもぴったりです。いつもと違う雰囲気を味わいたいときに作ってみてくださいね。



・鶏もつのショウガ甘煮



鶏レバーと砂肝を甘辛く煮る鶏もつ煮。ショウガの香りがアクセントになり、臭みが気になりません。照りが出るまでしっかりと煮詰めるのがポイント。こってりした甘辛い味わいで、お酒のおつまみに最高です。



・牛もつカレーライス(九州)



しっかり下茹でした牛もつをカレーライスに入れるレシピ。クミンシードを油で炒めると、スパイシーな香りが引き立ち、一気に本格的な味わいに。麺つゆとウスターソースが味に深みを持たせ、プルプルの牛もつと相性抜群です。



■もつ料理と好相性な<焼酎>レシピ3選

・焼酎のお湯割り



寒い季節は、温かいお湯割りが恋しくなりますね。先に器にお湯を入れることで、適度にお湯の温度を下げ、器も温まります。焼酎を注いだ後は自然に混ざり合うので、かき混ぜなくても大丈夫。お好みでレモンや梅干しを添えてどうぞ。



・サワードリンク



フルーツをお酢と砂糖に漬け込むサワードリンク。ほど良い酸味と甘みが絶妙で、焼酎のお湯割りにしてもさっぱりしていて飲みやすいです。漬けたフルーツをジャムにするのも◎。お好みのフルーツで作ってみてください。



・トマト・ショウチュウ



焼酎が苦手な方におすすめなのがこちら。二層に分かれた見た目もかわいいカクテルです。甘いフルーツトマトと乳酸菌飲料は相性が良く、ジュース感覚で飲めます。焼酎が好きな方は、乳酸菌飲料を加えず、フルーツトマト果汁と焼酎だけで作っても良さそうですね。



意外と簡単に作れるもつ鍋は、健康や美容に欠かせないコラーゲンやビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれます。乾燥が気になる冬の時期にはぴったりの鍋料理ですね。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にして、家族でもつ鍋を囲んでくださいね。

▼禁断の味を楽しめる! 話題の「痛風鍋」レシピはこちら


(稲見ぶん)
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ