ホーム エンタメ > つわりが辛くても夫は平気で飲み会へ…このイライラをどうすればいいの?【夫に湿布を貼りたくない Vol.6】

つわりが辛くても夫は平気で飲み会へ…このイライラをどうすればいいの?【夫に湿布を貼りたくない Vol.6】

本作品はエンディングが選べるストーリーです。17話目の最後に選択肢が登場します。
変化のあるストーリーをお楽しみください!


■前回のあらすじ
家事に非協力的な夫を持つ奈美は、1歳児の面倒に追われながら不満を溜めていた。結婚する前、夫の正也は記念日を大事にし奈美の体調も気遣ってくれたのに、結婚後に変わってしまったのだ。子どもができないことを悩む奈美にも冷たい態度。治療を頑張る奈美がある日見たのは、夫が医者から妊活中の服用を止められている薬を飲むところだった。怒った奈美は1週間夫と口をきかなかった。1週間後謝罪した夫は心を入れ替えることを約束。やがて奈美は妊娠したのだが…




子どもの誕生を楽しみにしながら、これでようやく家族を作っていける。
そう思っていたのですが…、正也が変わることはありませんでした。

私がつわりで寝込んでいても、夜遅くにお酒の臭いをさせて帰宅。
私の体調を気遣うそぶりもありません。

この人に何かを期待しても苦しくなるだけ…。妊娠中のホルモンの乱れもあるのか、私は夜涙があふれて止まりませんでした。

さらには急に父親顔をして子どもの名前を決めようとする正也。どうしてそんなに勝手なの? どうして、ふたりのこどもなのに相談もしてくれないの?

この子が生まれるまでの十月十日、ふたりで相談し合って、助け合っていきたいのに…。

※この漫画は実話を元に編集しています



原案:ウーマンエキサイト編集部、脚本:せりママ、イラスト:茅野(イラスト監修:インクルーズ)
(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ