ホーム エンタメ > 油断してた…!? もうすぐ高学年の長女と交通ルールを見直したきっかけ【ムスメちゃんとオコメちゃん 第211話】

油断してた…!? もうすぐ高学年の長女と交通ルールを見直したきっかけ【ムスメちゃんとオコメちゃん 第211話】

ウーマンエキサイト読者の皆様さま、こんにちは。

わが家の長女ムスメも4月から4年生。ひとりで出かける機会も増えてきました。

長女ムスメももうすぐ小学校4年生。ひとりで行動できる範囲も広がってきました。

最初は心配でたまりませんでしたが、今ではもう慣れたもので。
この日も出先でムスメがひとりで行動したいと言い出しました。

実家の近所にあるお店に行ったときのこと。買い物をする私に、先にばあばの家に行きたいと言い出したムスメ。

ムスメと別れ実家に電話している途中で気付いたのは…。

お店から実家までのルートにある横断歩道が、ムスメが普段使っているタイプと違うということ!



実は、わが家の学区には押しボタン式の歩行者信号しかないのだ…。

すぐに追いかけ、見つけたムスメに聞いてみると…。

追いかけてムスメをつかまえると、信号がないからそのまま渡っちゃおうと思っていたとのこと…!

幼稚園などで交通ルールを勉強しましたが、使っていないと忘れますよね…。

学区以外の交通ルールもしっかり経験させないとな…と思った出来事でした。

横断歩道自体少ないうちの学区。ちょっと盲点でした。

普段の行動範囲は大丈夫でも、そこにすべての交通事情が存在するわけではないですもんね!
自分の通学路はもちろん、さまざまな環境での行動を想定しておかないと…、と再認識したきっかけとなりました。

次女オコメも入学を迎えるので、今一度一家全員で交通ルールを見直したいと思います。
(koyome)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ