ホーム エンタメ > いったいどういうつもり? 自宅前で待ち伏せしていたのは…【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.11】

いったいどういうつもり? 自宅前で待ち伏せしていたのは…【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.11】

このお話は作者ポケットさんに寄せられたエピソードをもとに再構成し漫画化しています。

■これまでのあらすじ
ある日突然、さくらは夫から最愛の息子ゆうたを奪われてしまう。しかも夫からはさくらの非を責めるメッセージを最後に連絡を断たれてしまう。児童相談所からゆうたの頬が赤く腫れていたと聞き、さらに夫の後輩から許しがたい情報が…。夫の目的は交際相手の綾乃と共謀し、さくらの有責を理由に離婚、慰謝料とゆうたの親権を奪取し養育費をもらうことにあったのだ。さくらは弁護士と相談し話し合いで解決する調停ではなく、審判を申し立てることに。第1回目審判では夫が「養育者として不適切である」ことを訴え、次の監護者を決めるための「調査官調査」では、やっと再会できたゆうたに手をあげたのは誰なのか確認するのだった。

■夫の交際相手が待ち伏せ!?

調査官調査が終わり、私は息子に「あのこと」を聞きました。

そして、自宅に戻ると…、自宅前で、ある人物から声を掛けられたのです。

その人物とは…、夫の交際相手「綾乃」でした。

今日は息子がいないため、調査官調査の日だとわかったのでしょう。

自宅前で待ち伏せをされていました。


■何が目的なの!?

自宅前で話す内容ではなかったため、仕方なく自宅で話をすることにしました。

家の中を嬉しそうに見てまわり、はしゃぐ綾乃を見て、私はゾッとしました。

この女、夫に言われて来たわけではない…?

さらに綾乃から「相談したい」と言われ…。いったい彼女の思惑とは…?


(にしやまポケット)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ