ホーム エンタメ > 「別の証拠を提出します」 その存在に夫が真っ青に…!?【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.16】

「別の証拠を提出します」 その存在に夫が真っ青に…!?【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.16】

このお話は作者ポケットさんに寄せられたエピソードをもとに再構成し漫画化しています。

■これまでのあらすじ
夫と交際相手の綾乃のたくらみによって、愛する息子ゆうたを奪われてしまったさくらは、審判で子の引き渡しを要求する。しかし、慰謝料と養育費を狙った綾乃が自作実演した録音データによって、審判で危険人物だと疑われてしまう。そこでさくらは、綾乃が録音する前の会話を提出。慰謝料と養育費の取り引きを持ち掛けるなどの綾乃の言動は、夫との関係がただの先輩後輩ではないこと、綾乃がゆうたをぞんざいに扱っていることまで証明するのだった。しかし夫は、この審判は監護者を決めるもので自分と綾乃の問題は関係ないと主張。そんな夫の姿に、さくらは自分の人生に「この人はもう必要ない」と確信するのだった。

■もうひとつの証拠

音声だけでは私が暴れているように聞こえ、そんな母親には息子を渡せないと言う夫。

そこで私は、もうひとつの審判で使う予定だったある証拠を提出しました。その小さな証拠を次々と出していく私。

それは…、家中を撮影したカメラです。

夫は盗撮だと大声をあげましたが、自宅に自分自身で設置したものです。そこに、木下綾乃が無遠慮に入り込んできただけ…。

私はそう主張しました。


■そこには綾乃の姿が…!

カメラは無線機能がついており、全員で確認することにしました。

そこには、綾乃が薄ら笑いを浮かべながら家の中を滅茶苦茶にする様子が写っていました。

そして、それを見ていた夫はあることに気付いたようでした…。


(にしやまポケット)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ