ホーム エンタメ > まさかのコラボ! 「超合金のハローキティ」お披露目

まさかのコラボ! 「超合金のハローキティ」お披露目

まさかのコラボ! 『超合金ハローキティ』 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

まさかのコラボ! 『超合金ハローキティ』 (C)oricon ME inc.
 バンダイは31日、フィギュア玩具「超合金」の生誕40周年を記念したコラボレーション商品『超合金ハローキティ』を発表した。同商品はサンリオの人気キャラクター・ハローキティが超合金ロボットに乗り込み、陸・海・空を大冒険するという設定に基づいて制作されたもの。全高約105mmで、「水中モード」「走行モード」「飛行モード」などのほか、腕からロケットを発射させる仕掛けも搭載されている。同試作品は11月1〜3日に秋葉原UDXで行われるイベント「TAMASHII NATION2013」で披露されるほか、2014年6月よりメーカー希望小売価格4400円(税抜)で一般にも発売される。

 ハローキティの愛らしさと超合金の重厚な存在感が印象的な同コラボ商品は、ハローキティも超合金シリーズと同じく生誕40周年を迎えることから実現。商品は本体のほか、台座やミニフィギュア、水陸空の各種モードに合わせたパーツも付属。キャラクターの特徴である赤いリボンを足に取り付ければ「水中モード」のフィンに早変わりし、背中に取り付ければ「飛行モード」の翼に変身。また、脚を曲げれば「走行モード」となり、脚部に据え付けられた車輪によって移動させることができる。

 そのほか、ロボット本体に付いているボタンを押すたびに目が変化する工夫も。「通常モード」「ぷんぷんモード」「ぴかぴかモード」が備わっており、3種類の表情を楽しむことができる。

 『超合金』は同社が1974年から発売している玩具シリーズで、重量感のあるダイキャストや精巧な作り、さまざまなギミックが特徴。1970年代に放映された人気アニメ『マジンガーZ』に登場するロボットが「超合金で作られた」設定であることが名前の由来で、シリーズ第1弾として発売された『超合金マジンガーZ』は発売初年度に50万個を売り上げるほどのヒットに。以来、さまざまなキャラクター商品が発売されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R