ホーム グルメ > 女子会に雅な和食の文化を… 「賛否両論」笠原氏のこだわりとは?

女子会に雅な和食の文化を… 「賛否両論」笠原氏のこだわりとは?

2014.07.06 11:00

 もはや定番となった女子会だが、食されるメニューはイタリアンやフレンチなどの洋食が多い。そんな“女子会文化”を受け、テレビなどでおなじみの日本料理店「賛否両論」の店主で料理人の笠原将弘氏が、女子会にピッタリな和食コースを、居酒家「かまどか」とタッグを組み考案。5日に都内で行われた試食会で、和食への思いと女性の嗜好を考慮して作り上げた数々のメニューについて語った。

 「女性は今、パワーがあって、食に対する好奇心というか、楽しむのが上手なんだと思うんですよね。そういう方たちが食べた...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R