ホーム グルメ > パーティー料理にも シュワシュワ食感「炭酸フルーツ」

パーティー料理にも シュワシュワ食感「炭酸フルーツ」

弾ける炭酸が楽しい食感のフルーツ“しゅわフル” (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

弾ける炭酸が楽しい食感のフルーツ“しゅわフル” (C)oricon ME inc.
 昨年から話題になっている炭酸フルーツ。華やかな見た目や口に入れたときの爽快感はこれからの季節のパーティメニューにピッタリだけど、紹介されているレシピの多くはドライアイスを活用したもの。そうそう自宅にドライアイスを常備している人は少なく…。そこで、「試してみたいけど機会がない」という人に向けて“炭酸水を活用したレシピ”をご紹介。もっと手軽に、トレンド感のあるパーティメニューにトライしてみて。

 ドライアイスで炭酸フルーツを作ろうとするとフルーツが凍ってしまったり、準備が大がかりになってしまいがち。そこで登場するのが家庭用炭酸水マシン。23日に都内で行われた「“しゅわフル”試食発表会」(ソーダストリーム主催)では、料理研究家でビューティーレシピストの松見早枝子さんがおいしく作るポイントを教えてくれた。

 炭酸水にフルーツを漬けることを指す“しゅわフル”は、密封ビンに好きなフルーツを入れ、静かに炭酸水を注ぎ込んだら冷蔵庫で冷やすだけという手軽さが特長。デトックスウォーターやフレーバーウォーターのような華やさがあるほか、アレンジのしやすさもポイント。砂糖が入っていない炭酸水で作れば低カロリーに、砂糖入り炭酸水ならば甘味が増したフルーツに…。一緒に食べるフードやドリンクによって、さまざまなアレンジができる点も魅力的。

 さらに、おいしく作るポイントについて、松見さんは「強い炭酸水で作ること、密封性の高いガラス容器に入れること、よく冷えた炭酸水を使用すること」の3つをアドバイス。「約6時間冷蔵庫で冷やして置いておけば完成です。特にイチゴは炭酸が入りやすいので2時間でできますよ」。

ただし、長時間放置するとフルーツの味が溶け出してしまうので、9時間程度で食べ切るほうが良いとか。この日はスーパーフードであるチアシードと一緒に楽しめるフルーツポンチや、炭酸水に漬けたトマトやブドウをチーズと食べるカプレーゼ風サラダなど、パーティーにも応用できそうなアレンジ料理も紹介された。

 炭酸といえばスキンケアでもブームを起こしたけれど、口に入れても嬉しいメリットがたくさん。おなかが膨れるので小腹がすいた時に口にすれば食べ過ぎ抑制になるし、炭酸が腸の活動を活発にすることから、ダイエット中の人、便秘気味な人にはうれしい側面も。華やかでトレンド感があり、ビューティアップにもうれしい炭酸フルーツを活用したパーティレシピ。ぜひチャレンジしてみて。

 ちなみに レストラン・TENOHA DAIKANYAMA & STYLE RESTAURANT(東京・渋谷)のカフェタイム(午後2時まで)には、4月1日から10日までの期間限定で小瓶に詰められた「しゅわフル」(先着30名)が配布される予定なのでこちらもチェックを。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ