ホーム ダイエット・ボディケア > 食べやすいけど太りやすい!? 冷たい麺類にご注意

食べやすいけど太りやすい!? 冷たい麺類にご注意

夏の定番メニュー・冷やし中華。食べ過ぎると太りやすい体質になることが…

[拡大写真]

夏の定番メニュー・冷やし中華。食べ過ぎると太りやすい体質になることが…
 そうめんや冷やし中華など、暑い夏ほど冷たい麺類がおいしく感じるもの。とはいえ、冷たい麺類は糖質(炭水化物)が多いうえに内臓から冷やしてしまい、太りやすいカラダを作ってしまいやすいとか。その理由と対処法について解説する。

 冷たい麺類は夏バテで食欲がない時でも食べやすい点が魅力的だけど、食べ過ぎにはご注意を。そうめんや冷やし中華などに使われる麺は小麦粉が減量であることがほとんど。糖質(炭水化物)が多いうえに、冷たい料理であるために内臓が冷えてしまいやすく、その結果代謝が落ちて太りやすくなるんだそう。

 「小麦粉を使った麺は消化には良いものの、同時に血糖値の上昇スピードが速く太りやすいのが気になるところ」と語るのは、ダイエット食品でお馴染みのマイクロダイエット社。手軽な対処法として同社がすすめるのは、血糖値の急上昇を抑えてくれる野菜やきのこ類をトッピングに加えること。

 また、「糖質の代謝を促す働きを持つビタミンB1を含む食品を一緒に食べること」も大切。疲労回復に良いとされているビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えて代謝する重要な働きがあり、「ビタミンB1が不足すると糖質の代謝が低下し脂肪に蓄えられるだけでなく、乳酸などの疲労物質が作られ疲れやすくもなります。ビタミンB1不足は、肥満と夏バテの両方の原因になり得るのです」(同社)。

 ビタミンB1をたっぷり含んでいる食材は、なんといっても豚肉。特にヒレやモモなどの赤身部分は脂が少なく、ビタミンB1が豊富なのでぜひチョイスを。「鰻にもビタミンB1が豊富に含まれています。値が張りますが土用丑の日でなくても是非食べていただきたい、ビタミン・ミネラルいっぱいの栄養価の高い食品です」(同)。

 そのほか、大豆や卵にもビタミンB1が含まれているので、豆腐や納豆、卵料理も上手に取り入れて。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R