ホーム グルメ > 春はすぐそこ 一足先に“桜”を楽しむ贅沢グルメ

春はすぐそこ 一足先に“桜”を楽しむ贅沢グルメ

彩も鮮やかな料理が詰め込まれた『SAKURAテラスボックス』(1名4000円※2名より/税別) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

彩も鮮やかな料理が詰め込まれた『SAKURAテラスボックス』(1名4000円※2名より/税別) (C)oricon ME inc.
 旬の食材や“桜”を使ったメニューなど、春を一足先に堪能できる贅沢なグルメが、東京マリオットホテル(東京・品川区)のレストラン「ラウンジ&ダイニングG」で楽しめる。御殿山庭園に隣接する、同レストランの屋外スペース「SAKURAテラス」では、桜を愛でながら味わえるシェフ特製メニューが登場。“春”を味わい尽くす豪華なひとときを楽しんで。

 三段のお重が風呂敷に包まれて登場する『SAKURAテラスボックス』(1名4000円※2名より/税別)は、蓋を開けると彩も鮮やかな料理が並ぶ、見た目の美しさからも春を感じるメニュー。スモークの香りが食欲をそそる桜肉と竹の子を合わせた「桜肉のスモーク」や、昆布締めにした桜鯛を桜の葉で包んだ「桜鯛の手毬寿司」、カリッと揚げた桜エビが香ばしい「桜エビの生春巻き」、刻んだ桜葉がアクセントになった「桜マフィン」など、桜や旬の食材を使った16種もの料理が詰め込まれた贅沢な内容。シェフのこだわりが随所に感じられるお重は、4月中旬までの提供。その後、新緑をイメージしたメニューに変わり、6月末まで楽しめる。

 また、食事とともにシャンパン、ワイン12種やカクテルがフリーフローで楽しめ、女性に人気の『PREMIUM EVENING HIGH TEA Brilliant Moment』(女性5500円、男性7000円)も、春を感じるメニュー展開に。山菜ピクルスと桜肉の燻製を組み合わせたメニューや、雲丹入りスフォルマートといった前菜5種、ノルウェーサーモンをジャガイモのシュレッドに乗せたセカンドプレートが並び、メインディッシュは「ムール貝とフェンネルのスパゲッティ」「マリオットバーガー」「アンガスビーフのグリル」の3種から選ぶことができる。季節のミニデザートまでついた、スペシャルな内容に。

 そのほかにも、ホテル内「ペストリー&ベーカリーGGCo.(ジージーコ―)」では、期間限定のテイクアウトスイーツ&ブレッドを販売。桜や苺のフルーツに春のエッセンスを散りばめたケーキやブレッドは、ちょっとした手土産にも喜ばれそう。なかでも『桜エッグ』(500円)は、色鮮やかなベリーと桜のジュレやプラリネムースが層になった、見ているだけでも華やいだ気分になるスイーツ。口に入れるとふんわり溶ける桜の泡のジュレなど、さまざまな食感のマリアージュが楽しめる。

 目にも鮮やかなグルメで“春”を堪能できる同ホテル。さらに4月7日、8日の2日間にわたって、ホテル前の広場にてイベント「御殿山さくらまつり」も開催。野点や花見茶屋なども登場する、情緒あふれるイベントで春を感じてみては。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R