ホーム エンタメ > スニーカーベストドレッサー賞に高橋愛、古川雄輝、レイザーラモンRGら受賞

スニーカーベストドレッサー賞に高橋愛、古川雄輝、レイザーラモンRGら受賞

『第1回スニーカーベストドレッサー賞』授賞式に出席した(左から)レイザーラモンRG、古川雄輝、高橋愛、伊達公子、AYA、鈴木大地氏 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『第1回スニーカーベストドレッサー賞』授賞式に出席した(左から)レイザーラモンRG、古川雄輝、高橋愛、伊達公子、AYA、鈴木大地氏 (C)ORICON NewS inc.
 スニーカーにゆかりのある人物に贈られる『第1回スニーカーベストドレッサー賞』授賞式が22日、都内で行われた。芸能部門からクロスフィットトレーナーのAYA、タレントの高橋愛、俳優の古川雄輝、お笑い芸人のレイザーラモンRG、スポーツ部門から元テニスプレイヤーの伊達公子、特別賞にスポーツ庁長官の鈴木大地氏が選出された。

 トロフィーを満面の笑みで受け取った高橋は「モーニング娘。の時からダンスレッスンに欠かせなかったスニーカーですが、今でもファッションのコーディネートに大切な存在です。身長が低いことにコンプレックスがあったのですが、組み合わせ次第で上手くごまかせる方法もあって、身長が小さいことを悩んでいる人たちにSNSを通じて発信してきました。今ではいろんな種類のスニーカーがあるので、すごくありがたいです」と喜びのコメント。

 古川は「本当にスニーカーが好きなのですが、最初にお話を聞いた時は『まさか、自分が』とビックリしました。スニーカーはいろんな楽しみ方があるのが好きで、スポーツ、ファッション…どういうものを履くかによっても違いがあるので、そういったところでテンションが上がりますね」と魅力を力説した。

 ド派手な赤のスパンコールジャケットで登場したRGは「ジャスティン・ビーバーの白のパーカーに、細川たかし師匠にいただいた赤のジャケットを合わせた」とニンマリ。「スニーカーのことを教えてくれた皆さん、本当にありがとう」と授賞式のスピーチっぽいあいさつをしながら「スニーカーにはいつもメッセージを込めています。きょうは歩くぞとか、もうすぐこういうものが発売されるぞとか全部スニーカーに込めているので、スニーカーとはオレですね」と締めくくっていた。

 今年が初の開催となる同賞は、2月22日が「スニーカーの日」にあたることにちなみ、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いてほしい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」人物が各部門から選出された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R