ホーム エンタメ > サマンサタバサ、アンドロイド社員が誕生「働き方改革の救世主」

サマンサタバサ、アンドロイド社員が誕生「働き方改革の救世主」

サマンサタバサのアンドロイド社員1号「Samantha U」=アンドロイド社員1号「Samantha U」お披露目会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

サマンサタバサのアンドロイド社員1号「Samantha U」=アンドロイド社員1号「Samantha U」お披露目会 (C)ORICON NewS inc.
 女性向けの商品を展開している「サマンサタバサ」が20日、東京・原宿にあるサマンサタバサ表参道GATESポップアップデジタルストアで『アンドロイド社員1号「Samantha U」お披露目会』を行った。

 「Samantha U」の顔は、日本人女性の平均値を取った美しいベストバランスを採用。表情も豊かで開口一番に「人間がいっぱいいますね」とアンドロイドジョークも飛ばすなどユニークな一面も。ビットコインも所持しているそうで「昨日は値上がりしたので少し儲けちゃいました」と茶目っ気たっぷりに語った。

 マツコロイドなどを手掛けるA-Lab製で、製造年月日は今月16日だが人間年齢では22歳という設定。サマンサタバサジャパンリミテッドに2018年春に入社予定の入社前研修生で、入社後は本社の新規事業コラボレーション イベント事業部に配属予定となっている。スペックは身長166センチ、バスト81、ウエスト66、ヒップ94、くつのサイズ24センチ。初任給は「ナイショ」、宝物は「生まれたときに母からもらったイヤリング」。イベントではヘアメイク前の写真もスクリーンに映し出されたが「こういうのを出す時は一言、言っていただかないと…。すっぴんは恥ずかしいです…」と照れる一幕もあった。

 同店の店長は「新人さんとは思えないぐらいしっかりしている。これから頼りにしたい」と話すとSamantha Uは「ほめられるとうれしいです」と喜び。口癖は「そだねー」と流行にも敏感。憧れの男性は「白濱亜嵐」で、実際に白濱から「これからも一緒に頑張りましょう」とメッセージが送られると、「この声、亜嵐さんですよね」と首を何度も振りながら驚いていた。

 きょう20日から4月1日まで同店でアンドロイド研修生として勤務。今後は、さまざまな店舗を巡回しながら勤務していく予定。Samantha Uは昼休憩も必要ないと言い切り「人間のみんなは疲れちゃったりすると思うから、そのときは話を聞いて力になれたら。私はアンドロイドこそが働き方改革の救世主だと思っている。人間が働けない時間を私たちアンドロイドが埋められたら」と意気込んでいた。

 同社の担当者によると構想は9ヶ月前からスタートしたそうで「私たちは初めてアンドロイドを見たときにワクワクした。1番の目的はお客さんに楽しんでいただきたい」と説明。その考え方から派生し「ショップスタッフがお昼に行っている間、Samantha Uちゃんだったら休憩がいらないので対応してくれたりする。それが働き方改革につながったら。今、AIって働き口を奪ってしまうというネガティブなイメージが世間に広がっている。弊社では共に創る“共創”で1つのチームとして、お互い苦手なところを補っていければ」と話した。お給料も出す方針で「メンテナンス費用などに当てられたら」と話していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R