ホーム グルメ > インスタ映えする “進化系おこし”の専門店、大阪国際空港に登場

インスタ映えする “進化系おこし”の専門店、大阪国際空港に登場

「マシュー&クリスピー」の進化系おこし。ライスクリスピーとマシュマロをミックスしている

[拡大写真]

「マシュー&クリスピー」の進化系おこし。ライスクリスピーとマシュマロをミックスしている
 カラフルポップな最新スタイルの「おこし」を提案するコンセプトショップ「pon pon×Chris.P(ポンポンバイクリスピー)」が、4月18日より大阪国際空港に登場する。昨年のデビュー以来、JR大阪駅店、東京ソラマチ店に続く3号店となる。

 同ショップは、「おこし」を作り続けて200年の老舗菓子店「あみだ池大黒」の主力ブランド、「pon pon Ja pon」と「マシュー&クリスピー」「メランジェショコラ」を扱うおこし専門店。江戸時代から大阪で愛される干菓子「おこし」のイメージを払拭した、トレンド感あるルックスとフレーバーが特徴。

 「pon pon Ja pon」は、お米とさまざまな洋素材を組み合わせたひとくちサイズのポンポン菓子を展開。「アーモンドカフェ」「ドライフルーツ」「ミルクチョコ」など、全12種の味わいが楽しめる。「マシュー&クリスピー」は、サクサクのライスクリスピーとマシュマロをミックスしたスイーツを提案。トップに飾られたチョコやナッツ、クッキーのデコレーションが鮮やかで、贈り物としても人気という。「メランジェショコラ」は、サクサク軽やかな「おこしチョコレート」。「ラズベリーショコラ」「ロイヤルミルクティー」「抹茶ラテ」などラインナップは全12種。

 味わいもパッケージも従来の「おこし」とは一線を画す、進化系おこし。大阪みやげの新たな定番となりそう。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R