ホーム ファッション > 夏のおしゃれに向けて 自分で作る“かごバッグ”30作品の解説本

夏のおしゃれに向けて 自分で作る“かごバッグ”30作品の解説本

『エコアンダリヤのかごバッグ』(誠文堂新光社)

[拡大写真]

『エコアンダリヤのかごバッグ』(誠文堂新光社)
 麦わらのような糸“エコアンダリヤ”を使ったかごバッグの作り方を解説した本、『エコアンダリヤのかごバッグ』(誠文堂新光社)が5月8日に刊行。涼しげな素材で作るバッグは、夏のおしゃれにぴったり。

 “エコアンダリヤ”とは、レーヨン100%のさらりとした手触りと豊富なカラーバリエーションが人気の糸。その中でも特に人気なのが、ナチュラルカラーの“23番”。麦わらのような自然な色合いで、それで作られたバッグや帽子は、どんなコーディネートにも合わせやすい。

 同書では、エコアンダリヤの23番のみを使ったかごバック30作品の作り方を紹介。ポーチやクラッチバッグなどの小さめの作品から、ミディアムサイズの手さげバッグ、B4が入る大きめのトートバックまで、実用的に使えるデザインを取り揃えている。

 糸を何色も揃える必要がなく、糸が余る心配も少ないので、初心者でも気軽に挑戦できるのが嬉しい。この夏のスタイリングに、自分で編んだバッグを加えてみては。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R