ホーム エンタメ > 乃木坂46西野七瀬、“ナイナイ岡村似”の父と対談 フォトブック「大反響」で緊急重版

乃木坂46西野七瀬、“ナイナイ岡村似”の父と対談 フォトブック「大反響」で緊急重版

初フォトブック『わたしのこと』の出版記念イベントを開催した乃木坂46・西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

初フォトブック『わたしのこと』の出版記念イベントを開催した乃木坂46・西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬(23)が10日、都内で初のフォトブック『わたしのこと』(9日発売、集英社)刊行記念お渡し会を開催した。

 西野はこれまで2冊の写真集を発売し、2nd写真集『風を着替えて』の累計発行部数が20万部を突破するロングヒットとなっているが、文字要素の多いフォトブック発売は今作が初。フォトブックとしては異例の初版発行12万部の大部数でスタートとなった。

 発売前は「大丈夫かな…ちゃんと満足してもらえるかなぁという不安はありました」と胸中を明かしたが、集英社によると「5月9日の発売直後より、ネット、その他書店で一時的に在庫切れになるほどの大反響」といい、発売翌日に3万部の緊急重版が決定。西野は「びっくりしました。一安心です」と胸をなでおろした。

 見どころは、自身初となる父娘対談をあげた。自身が専属モデルを務める女性ファッション誌『non-no』の連載で父親のことをたびたび出していたといい、「担当の方が“お父さん面白い”って興味を持ってくださって」と対談実現の経緯を明かした。

 最初こそ緊張していた“パパせまる”もしだいにノリノリだったといい、「変な感じでした。やっぱり一人の人間なんだなというか(笑)。こういう人なんだ、こういう顔してるんだとか、改めて知って面白かったです」と独特の表現でにっこり。「私の出たドラマとか雑誌はちゃんと全部チェックしてくれているみたいで、改めてありがたいなと思いました」と振り返った。なお、父親は顔出ししていないが、外見や体形は「なんとなくナインティナインの岡村さんに似ている」と説明し、担当者も大きくうなずいていた。

 グラビアは「ずっと憧れていた場所」と語るモロッコ・マラケシュで撮影。水着での撮り下ろしグラビアのほか、私服&メイク研究、「#なぁちゃんとデートなうに使っていいよ」と題した妄想フォトストーリー、日記帳公開、6日に乃木坂46を卒業した生駒里奈ら“素顔の”西野七瀬を知る30人からのメッセージなどが掲載されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R