ホーム エンタメ > 米倉涼子、脚のコンプレックス告白 『ドクターX』大門未知子役に「イライラ」

米倉涼子、脚のコンプレックス告白 『ドクターX』大門未知子役に「イライラ」

意外なコンプレックスを明かした米倉涼子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

意外なコンプレックスを明かした米倉涼子 (C)ORICON NewS inc.
 女優の米倉涼子(42)が20日、都内で行われた日経ヘルス創刊20周年記念『ビューティーミューズ大賞』スペシャルトークショーに出席し、脚へのコンプレックスを語った。

 人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』では白衣から伸びた美脚が定着している米倉だが「すごくコンプレックスがあって、ヒザから下がO脚なんです。ネット検索すればすぐわかります。どなたもそうだと思いますがコンプレックスはあるんですよね」と意外な悩みを告白。脚のカットが多い同シリーズだけに「(大門)未知子の役ってイライラしますね」と本音をこぼした。

 「脚にすべての体調が出る」と言う米倉は、はまり役の大門未知子のトレードマークがミニスカートであることに対し「1日中ヒール履かないといけないのにすぐむくむので、あの短いスカート、イライラします」と苦笑。「夜(の撮影)に限って足からのターンのシーンとかね。女子の気持ちがわからない人たちだな〜って思います」と愚痴をこぼした。

 空き時間を見つけては「リファとかゴロゴロするようなものをやったり、段差を見つけたら伸ばしてみるとか…」と影ながらの努力を重ねるものの、朝イチの撮影前後にサイズを測ってみると2センチほどアップしていたことも。『(美脚で)いいよね』と言われるたびに『ムッ』と思ってる。違うのに」と嘆いていた。

 また、同ドラマでは「私、失敗しないので」が決めせりふだが「失敗なんてない人はいない。私もネット調べるといろんな失敗してると思います。視聴率が取れないとか、頑張ってるのに『老けたな』とか『偉そうに』とか…すいませんねと思っちゃう」とここでも等身大の本音を打ち明けた。

 一方で、「でも自分って自分しかいないので吹っ切るしかない。すごくネガティブなので背中を押してもらってます。超ネガティブ思考なんです。だからやってこれてるというのもある。絶対負けたくないと、ネガティブプラス負けず嫌い。マイナス思考も糧にしていこう、利用していこうとは思っています」と奮起していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R