ホーム グルメ > 【スタバ新作】伝統ある“棒ほうじ茶”がフラペチーノに 開発者がこだわり告白

【スタバ新作】伝統ある“棒ほうじ茶”がフラペチーノに 開発者がこだわり告白

スタバ新作『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』(Tallのみ・税抜620円)販売期間:5月30日〜7月19日 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

スタバ新作『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』(Tallのみ・税抜620円)販売期間:5月30日〜7月19日 (C)oricon ME inc.
 きょう29日、都内にてスターバックス コーヒーの新作ドリンク『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』(30日発売)の発表会が開催された。全国的にはまだなじみの少ない“加賀 棒ほうじ茶”をふんだんに使った、和テイストな味わい。手に取った瞬間から芳しい香りがあふれる、癒しのフラペチーノをレポート。

 煎茶の茎を浅く焙じた“加賀 棒ほうじ茶”。明治時代より、おもてなしから日常まで、石川県民には親しまれているローカルティーだ。その特長は、料理やお菓子の邪魔をしない上品な香りとスッキリ感。“棒ほうじ茶”の希少部位、一番茶だけを使って作られた今回のフラペチーノの味わいとは。

 トップのホイップクリームには、棒ほうじ茶を細かく粉砕し、グラニュー糖と混ぜたパウダーをトッピング。開発担当も「飲む前に、まずまろやかな香りを体験してほしい」とオススメするように、手に取った瞬間にお茶の優しい香りが漂う。フラペチーノにもほうじ茶パウダーはブレンドされていて、“加賀 棒ほうじ茶”を全体で堪能できる。

 香りを楽しんだら、次に押し寄せてくるのが「加賀 棒ほうじ茶ジェリー」の食感。ストローから伝うジェリーが、喉越しよく、涼やか。甘さ控えめで、お茶の香りとクリームの味わいをより引き立ている。フラペチーノのシャリシャリ感と、まろやかなクリーム、ジェリーのプルンとした感覚、それぞれを楽しんで。

 開発者が「スターバックスらしい、カジュアルでポップな味わいを楽しんでもらいたい」という思いで加えたのが、フラペチーノとジェリーの間に挟まれた「ホワイトチョコレートクリーム」。エスプーマ仕立てのクリームは、口どけやわらか。ホワイトチョコレートのほんのりした甘さと、棒ほうじ茶が優しく混ざり合い、和テイストなフラペチーノに仕上がっている。

 『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』は、日本の新しさや奥ゆかしさを発信するスターバックスの新プロジェクト「STARBUCKS JAPAN WONDER PROJECT」の第1弾商品。発表会に登壇した、石川県茶商工業協同組合所属・織田勉氏は「加賀の棒ほうじ茶が、こんな形で発表されるのは驚き。日本全国の人、外国の人にも、この“棒ほうじ茶”を味わってもらえるのはうれしい」とコメント。商品開発に関わった、焙煎士の織田聡氏も「このフラペチーノが、石川県を知るきっかけになったら」と想いを語った。

 サイズはTallのみで税抜620円、7月19日までの限定発売。なくなり次第終了となる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R