ホーム エンタメ > しずちゃん“いい男引き寄せメイク”でご満悦 山ちゃんの感想コメントも予測

しずちゃん“いい男引き寄せメイク”でご満悦 山ちゃんの感想コメントも予測

“いい男引き寄せメイク”でご満悦の南海キャンディーズしずちゃん=『もう常識にはとらわれない! 50歳からのいい女』刊行記念イベント (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

“いい男引き寄せメイク”でご満悦の南海キャンディーズしずちゃん=『もう常識にはとらわれない! 50歳からのいい女』刊行記念イベント (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(39)が27日、都内で行われたビューティークリエイターのTAKAKO(49)の『もう常識にはとらわれない! 50歳からのいい女』(かざひの文庫)の刊行記念イベントにゲストで参加。TAKAKOからいい女メイクの“イロハ”を学んだ。

 「年齢は数字」と断言するTAKAKOから“いい男引き寄せメイク”を体験するしずちゃんは、ベースメイクだけで登場。TAKAKOから顔相を見てもらうと「しずちゃんの唇はものすごく愛情深い。結婚するのに1番、いい女。母性が強くて、いいお母さんになる」と話し、しずちゃんは「もったいない」と自ら惜しんでいた。

 2人はトークしながらメイク。TAKAKOによると顔相では顔の左側は恋愛、右側は仕事を司るそうで「デートするときは左側を見せて」と呼びかけた。すると、しずちゃんは立ち位置的に相方の山ちゃんこと山里亮太に“ビジネス”な一面を見せていることになり「ちょうどいいですね」と笑った。ただ、続けて「山ちゃんの恋愛の顔を見てるんですね…。見たくない…」と突き放していた。

 そしてメイクが仕上がると、しずちゃんは思わず笑顔に。「いい女ですねぇ。目が色っぽい。気分が変わります」とご満悦だった。ただ、山ちゃんがきょうのメイクを見た場合のコメントを予測してもらうと「ほめることは絶対にない。『トトロが頑張ってメイクした』みたいな」と話し、TAKAKOを笑わせていた。

 また、モテメイクで男性と出会いたい理想のシチュエーションを問われると「富士山の頂上で出会いたい。自然の中とか、普段は出会わないところで出会ってみたい」と思いをはせていた。

 同書はTAKAKOが「女性として年を重ねることが楽しくなるようなバイブル本として役立てていただけたら」という思いで執筆。きょう27日に発売された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R