ホーム エンタメ > 北川景子“なりたい顔”選ばれ謙そん「恥ずかしいのと、申し訳ないのと、ありがたい」

北川景子“なりたい顔”選ばれ謙そん「恥ずかしいのと、申し訳ないのと、ありがたい」

“なりたい顔”に選ばれ謙そんした北川景子 =『2018 美的ベストコスメ大賞』発表贈賞式 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

“なりたい顔”に選ばれ謙そんした北川景子 =『2018 美的ベストコスメ大賞』発表贈賞式 (C)ORICON NewS inc.
 女優の北川景子が20日、都内で行われた『2018 美的ベストコスメ大賞』発表贈賞式に出席した。同誌読者が選ぶ今年の『なりたい顔』&『なりたい髪』をW受賞、『美的ベストビューティーウーマン』に輝き「恥ずかしいという感じ。恥ずかしいのと、申し訳ないのと、ありがたい。トロフィーも重みがあって賞の重みを感じました」と恐縮。司会者から美肌を褒められると「いやいやいや…」と首を振りながら謙そんした。

 司会者から、美の秘訣を聞かれた北川は「乾燥しないように。スキンケアで保湿をたくさんするようにしていますし、楽屋や移動の車でも携帯の加湿器をつけて自分の過ごす場所を潤うように気をつけています」と紹介。サラサラの髪を保つために「お風呂の後に濡れたまま放置しない。乾かず前にオイルやクリームをつけたり、髪が長い時は10日に1度くらいはトリートメントに行ったり、今はちょっと短いので20日に1度は行くようにしています」と日々、気を遣っているそう。

 また、1日3食ロケ弁の日もあることから「あれを食べてはいけない、と思いすぎないようにロケ弁の日は割り切って、休みの日や早く終わった日にはできる時に料理をしたりして。その日のなかでバランス良くというのは難しいので、1週間単位でバランスをとるように心がけています」とインナーケアへのこだわりも明かした。

 来年1月には主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ)を控えるが「2018年は駆け抜けた1年でして。今回の『家売るオンナ』がうまく終われば2018年を締めくくれるような気持ちなので、まずはどうにかドラマをうまく行かせたい」と意気込み。多忙だった1年を振り返り「映画やドラマをたくさんやっていたので“オン”の方が楽な年だった。来年は旅をしたり自分の時間ができればいいなと思います」と展望した。

 改めて来年に向け、「2018年はお仕事が充実していたんですけど読書の時間とか、そういうのがとれなかったりしたので、2019年はお仕事を一生懸命がんばりながらも、自分の時間、インプットというか勉強したりできたらいいなと思います」と抱負を語った。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R