ホーム グルメ > 西武池袋本店『ストロベリーフェスタ』が盛況、連日完売の限定スイーツも

西武池袋本店『ストロベリーフェスタ』が盛況、連日完売の限定スイーツも

直径約12cm。一番人気の新宿高野のホールケーキ『紅ほっぺフロリ』(税込3564円)

[拡大写真]

直径約12cm。一番人気の新宿高野のホールケーキ『紅ほっぺフロリ』(税込3564円)
 今年で開催3回目を迎える西武池袋本店の『静岡いちご紅ほっぺストロベリーフェスタ』が、賑わいをみせている。ゴディバや新宿高野など、人気スイーツ店14店舗が静岡産のいちごを使った限定コラボメニューを発売し、連日ほぼ完売の商品もあるという。

 イベントが行われているのは西武池袋本店食品館の地下1階。和洋人気スイーツ店の限定メニューに使われているのは、今まさに旬を迎えている静岡産いちごの「紅ほっぺ」。甘みと酸味のバランスが良く、スイーツとの相性も抜群のブランドいちごだ。「紅ほっぺを使ったスイーツのおいしさを知ってくださったお客様が、他店の限定メニューを買いにリピーターとしてまた足を運んでくださることも多いです」(販売担当者)

■いちばん人気は新宿高野『紅ほっぺフロリ』

 全15種類の限定スイーツは、各店の個性やこだわりが光る。今年の一番人気は新宿高野のホールケーキ『紅ほっぺフロリ』。連日、50台がほぼ完売する人気ぶりだ。高野ならではのカッティング技術を駆使したデコレーションで、細部にまで凝った美しさと華やかさが魅力。「見た目のインパクトで、通りがかったお客様が“かわいい”と立ち止まってくださることも多いですね。高野で販売中のホールケーキの中では、“紅ほっぺフロリ”が一番人気です」(店舗担当者)

 ポスタービジュアルにもなっているアトリエ ドゥ ゴディバの『タルト オ フレーズ』は、上品なピスタチオクリームと紅ほっぺの相性が抜群。店頭では、ガラス越しにスイーツの仕上げ工程を楽しむこともできる。

■いちご大福など和菓子も好評
 
 プリンの名店パステルは、『紅ほっぺのベリーベリーショートケーキプリン』と『紅ほっぺのなめらかプリンパイ』の2種を発売。「今しか食べられない限定商品なので、ご好評頂いています。まとめて8コほど購入されるお客様もいらっしゃいますね」(店舗担当者)。他にも、ル パティシエ タカギの『紅ほっぺのフレジエ』や、和菓子の仁々木(ににぎ)が発売する『紅ほっぺのいちご大福』など、多彩なオリジナルメニューが勢ぞろい。おいしさはもちろん、見て歩くだけでも幸せな気分になれる夢の空間だ。

 限定スイーツが味わえるストロベリーフェアの開催は今月29日(火)まで。26日(土)の午後1時からは、会期中最後となるいちごの試食会も。静岡から直送された採れたていちごを堪能できるので、スイーツと合わせて楽しみたい。

【開催概要】
「静岡いちご紅ほっぺストロベリーフェスタ」
会場:西武池袋本店 食品館地下1階、地下2階
期間:2019年1月9日〜29日(※試食会は12日、19日、26日の13時から。なくなり次第終了)


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R