ホーム エンタメ > 高山一実、初小説大ヒットに喜び 文学賞の期待に謙そん「おこがましいです」

高山一実、初小説大ヒットに喜び 文学賞の期待に謙そん「おこがましいです」

2019.03.18 18:05

 人気アイドルグループ・乃木坂46の高山一実が18日、都内で自身初の小説『トラペジウム』(KADOKAWA)20万部突破記念アメイジングお渡し会を開催した。11月28日の刊行以来、品切れと重版を繰り返し、3ヶ月足らずで20万部を突破。KADOKAWAによると「近年では村上春樹、東野圭吾ら限られた超人気作家、映像化作品など、ごく一部の話題作しかたどり着かない部数」と言われるほどのヒット作となったが「本当にうれしいです。一生のうちに一冊出せるだけでうれしいのに、たくさんの人の手に渡るのがありがたすぎて…」と喜びをかみしめた。

 アイドル活動と並行しての執筆となったが「楽屋で書いていたのですが、進みが良くなかったので、外に出...

関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)