ホーム エンタメ > 新木優子、1500人とハイタッチで「意外と二の腕が疲れた」

新木優子、1500人とハイタッチで「意外と二の腕が疲れた」

『新木優子First Fan Event!! −ゆんぴょ応援隊集まれ!−』を開催した新木優子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『新木優子First Fan Event!! −ゆんぴょ応援隊集まれ!−』を開催した新木優子 (C)ORICON NewS inc.
 16日にオフィシャルカレンダーを発売した女優の新木優子が21日、東京国際フォーラムで初のファンイベント『新木優子First Fan Event!! −ゆんぴょ応援隊集まれ!−』を開催。2部制のイベントで、合わせて3000人が集まる同イベントの前半を終え、1500人のファンをハイタッチで見送ったが「初めての経験でしたけど、意外と二の腕が疲れてびっくりしました」と声を弾ませた。

 ファンとのふれあいを楽しんだようで「すごくうれしかったんですけど、こんなにもたくさんの方がいて、時間がかかるんだなと思いました。列が途切れないので、途中で『あれ、この人また来たかも』と思ったりもしましたね」とにっこり。「握手会などはやっていますが、一気にこの人数の方々と対面する機会がないので、改めて実感がわきましたし、これからもまた気を引き締めて、お仕事を頑張って、みなさんに返していきたいなと感じました」と言葉に力を込めた。

 今後の目標については「声のお仕事を挑戦してみたいです。ナレーションなどで、歴史を伝えてみたい」と意気込み。「キャラクターを演じるのであれば、絶対に実写できないようなアニメのキャラクターや、動物とか、人間ではないものを演じてみたいですね」との展望を口にしていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019